この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Here Comes Louis Smith

Louis Smith (ルイスミス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCJ6594
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 24ビット, リマスター

商品説明

Louis Smith had a brilliant debut on this Blue Note album, his first of two before becoming a full-time teacher. The opener (Duke Pearson's Tribute to Brownie) was a perfect piece for Smith to interpret, since his style was heavily influenced by Clifford Brown (who had died the previous year). He is also in excellent form on four of his basic originals and takes a particularly memorable solo on a haunting rendition of Stardust. Altoist Cannonball Adderley (who used the pseudonym of Buckshot La Funke on this set, a name later used by Branford Marsalis), Duke Jordan or Tommy Flanagan on piano, bassist Doug Watkins, and drummer Art Taylor make for a potent supporting cast, but the focus is mostly on the criminally obscure Louis Smith. After cutting his second Blue Note set and switching to teaching, Smith would not record again as a leader until 1978. All bop and '50s jazz fans are strongly advised to pick up this CD reissue before it disappears. [A Japanese CD version was released in 2005.] ~ Scott Yanow, Rovi

内容詳細

ブルーノートからのスミスのデビュー作。ラフな仕上がりながらも、リーダーのスミスのほか、変名で共演しているキャノンボール・アダレイなど、各ソリストの技が冴え、聴きどころが多い。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ルイ・スミス、1958年トランジション・レー...

投稿日:2014/02/22 (土)

ルイ・スミス、1958年トランジション・レーベルの録音で音源をブルーノートが買い取り、リマスターして発売された、No.1584。何とも豪華な共演者に目を見張る。アルトサックスのバックショット・ラ・ファンクなる人物はキャノンボール・アダレイで笑ってしまう。演奏は本職は教師であるが、さすがはアルフレッド・ライオンのお眼鏡(メガネ)に叶っただけの事はあり素晴らしいハード・バップを堪能できる。もっともっと録音してほしかった。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Louis Smith

Louis Smith was a talented, but underrecorded, straight-ahead bop trumpeter who led two dates in the '50s before retiring to teach at the University of Michigan and the nearby Ann Arbor Public School system. For most of his career, he remained a teacher, making a brief comeback in the late '70s before returning to education. It wasn't until the mid-'90s that he began a recording career in earnest,

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品