この商品に関連するタグ

CD

リスト:ピアノ協奏曲第1番、ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 アルゲリッチ(P)デュトワ指揮モントリオール交響楽団

Liszt / Ravel

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE55628
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

待望の新録音!
アルゲリッチ/リスト&ラヴェル:ピアノ協奏曲集

アルゲリッチ久々のソリストとしての録音は、なんとリストとラヴェルの協奏曲集。彼女のリストは映像も含めると4度目(1968[DG]・1981[PLATZ,廃盤]・1999[ACCORD])で、ラヴェルも同じく4度目(1967[DG]・1982[DREAMLIFE]・1984[DG])。
 今回のEMI盤は、アルゲリッチ若き日の爆発的なパワーをさらに上回る迫力と、深い読み、表現テクに圧倒される名演。上には上があるということを改めて思い知らされる衝撃の演奏です。オケ・パートも見事の一語。
 音質は重厚かつ色彩豊かでダイナミック・レンジが広く、しかも自然なコンサート・プレゼンスを感じさせるというもので、大音量での鑑賞に最適。
 なお、リストの悲愴協奏曲はサラトガ音楽祭のライヴ盤に収められていたものです。

収録楽曲
1.リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調
2.リスト:悲愴協奏曲

3.ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
シャルル・デュトワ指揮モントリオール交響楽団

2)マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)&ネルソン・フレイレ(ピアノ)

録音:1998年(2のみライヴ録音)

参考データ

リスト新盤(実測値)
05:01+04:30+03:59+03:55=17:25
リスト旧盤(実測値)
05:02+04:22+04:02+03:56=17:22

ラヴェル新盤(実測値)
08:12+08:58+03:54=21:04
ラヴェル旧盤(実測値)
08:01+08:58+03:51=20:50

内容詳細

2曲の協奏曲は国内のみで発売を許されていたもの。演奏は例によって凄まじい。とくにリストは伝説のリスト自身の迫力をもしのぐか、と思われるもの。ラヴェルも、その即興的で機敏な動きはアルゲリッチならでは。この2曲に関する限り、彼女の技術の衰えはほとんど感じられない。(哉)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • マルチヌー:チェロと管弦楽のための作品全集(2CD) チェコのボフスラフ・マルチヌーのチェロのための協奏作品をまとめた2枚組。チェロは、チェコのチェリストのペトル・ノウゾフスキー。伴奏は、 トマス・ブラウナー指揮、ピルゼン・フィルハーモニー管弦楽団。 ローチケHMV|4日前
  • ドミトリー・マスレエフ/ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番、他 1988年生まれのドミトリー・マスレエフ。バイカル湖とモンゴル国境にあるシベリアの町、ウラン・ウデの出身、モハメド音楽院とイタリアのコモ湖ピアノアカデミーで学びました。2015年に開催されたチャイコフスキー国際ピアノ・コンクール優勝など、数多くの国際コンクールに入賞しています。 ローチケHMV|4日前
  • A.M.ワグナー/チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他 1995年生まれのアレクサンダー・マリア・ワグナーは、ピアニストでもあり作曲家でもある多才な若き音楽家。このアルバムは、彼の技巧を存分に堪能できるチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番と、彼の交響曲第2番を収録。 ローチケHMV|7日前
  • オリヴァー・シュニーダー/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集 1973年生まれのスイスのピアニスト、オリヴァー・シュニーダー。これまでハイドン、モーツァルト、メンデルスゾーンの協奏曲など充実した録音を発表してきましたが、ついにベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集の登場となります。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • マツーエフ、ゲルギエフ/ラフマニノフ、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 SACDハイブリッド盤。マツーエフはこれまで、ゲルギエフ&マリインスキー劇場管とラフマニノフのピアノ協奏曲第1、3番と『パガニーニの主題による狂詩曲』をリリースしましたが、ついに第2番登場となります。しかも、カップリングはプロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番です。 ローチケHMV|2017年11月10日(金)
  • レイチェル・バートン・パイン/エルガー:ヴァイオリン協奏曲、ほか 1995年の列車事故による大怪我から復帰を果たし、バロックからへヴィメタを自らのフィールドとしてジャンルにとらわれない活発な活動を展開していているアメリカの女流ヴァイオリニスト、レイチェル・バートン・パイン。バートン・パインのアヴィー(AVIE)第4弾は、エルガーのヴァイオリン協奏曲とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番という偉大な名曲コンチェルト。 ローチケHMV|2017年11月8日(水)

おすすめの商品