CD 輸入盤

One More Light

Linkin Park (リンキン・パーク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9362.491323
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

■ 2000年のデビュー以来、常に改革と革新を続けているリンキン・パーク。全米アルバム・チャート初登場4作連続1位、2つのグラミー賞、5つのアメリカン・ミュージック・アワード、4つのMTV VMAアワード、10個のMTVヨーロッパ・ミュージック・アワード、3つのワールド・ミュージック・アワードの受賞歴を誇り、2000年代にデビューしたバンドの中では、名実ともに世界各国で圧倒的な人気を誇る彼らの7作目のスタジオ・アルバムが完成した。

■ 約3年振りの新作となる『ONE MORE LIGHT』からは、既に1stシングルとして、米イリノイ出身、現在21歳のシンガーであるキアーラをフィーチャーした「Heavy」がリリース。リリック・ビデオ(https://youtu.be/lp00DMy3aVw)も公開され、YouTubeで1200万回以上も再生されるなど、早くも大きな注目と話題を集めている。

■ 世界的な成功を手にし、いわゆる”テッペン取った”彼らだが、その功績に安住することを良しとしないのも、またリンキン・パークなのである。彼らのようにキャリアを積んできたアーティストにとって、新しい作品を作ることは最大のチャレンジだと言える。しかし、曲ごとに、アルバムごとに激しく変化するという危険な選択こそ、彼らのスタイル最大の特徴でもあるのだ。

■ そして今回も彼らは聴くものを全く予想だにしないところへ連れて行ってしまうのだ。しかしそれは、音量を上げたからでも、大きくなったからでも、より前衛的になったからでも、よりドラマチックになったからでもない。より人間的になることで、到達可能になった音楽的極みが本作『ONE MORE LIGHT』で示されているのだ。

■ 『ONE MORE LIGHT』は時の流れのある瞬間を捉えたものだ。それはパーソナルな物語の上に築かれ、汗まみれで、傷の痛みによろめいている――それを生んだ6つの声は、それぞれが自らの人生と葛藤について、まるで初めてかのように、一部始終を打ち明けている。彼らが人間として、父親として、夫として、ミュージシャンとして、そして友としてどう生きているのか、遮るものなくはっきりと露わにしてくれる。

■ 「はじめは、音楽的にチャレンジになることをやりたかった……でもそのうちどんどん自分達の人生に焦点が当たるようになったんだ」と、ヴォーカルのチェスター・ベニントンは言う。「このアルバムの歌詞で歌ったのは、自分の妻と親友しか知らないことなんだ。それはきっと同じ経験をした人がいるはずだと思ったからで、自分ひとりじゃないと知ると、心が軽くなるものだから」

■ ヴォーカル/プロデューサーのマイク・シノダはこう振り返る。「普通、俺達の曲はリフかビートから始まるものなんだけど、今作の曲は会話から始まったんだ。『今日はどんなことを歌いたい気分だろう? 俺は何を考えてる?』とか言って。コンセプトや歌詞から始めるっていうのは、通常のプロセスの真逆を行くことだった。曲を作るプロセスが完全にひっくり返って、言葉から始まったんだ。ヴォーカルとコードが出来上がってから、サウンドをクールにしていくっていう楽しい作業ができたんだ」

■ 「このアルバムを引っ提げてツアーに出るのが待ちきれないよ」と笑顔で言うのは、ギター/プロデューサーのブラッド・デルソンだ。「ファンはすでに俺達がライヴにどれほど愛を注いでいるか、ファンが好きな曲をライヴでやるときの一体感をどれほど楽しんでいるかをわかってくれている。今作の新曲に込められたエモーションとサウンドが、ライヴにまったく新しい次元をもたらしてくれるはずだ」

■ これまでもずっとリンキン・パークの歌詞にはカタルシスがあり、サウンドにはジャンルを曖昧にする力があった。『ONE MORE LIGHT』はその伝統を維持しているが、これほど力量のあるバンドにしか操れない視点と技が込められている。時を経て確かになるのは、彼らの作り上げる作品が、バンドを成す6人の人間がそうであるように、つながり合って、複雑で、柔軟で、そして活気に満ち溢れているということだ。リンキン・パークが成長すると共に、彼らのアイデア、家族、物語もまた成長を遂げ、そのすべてが『ONE MORE LIGHT』というアルバムに注がれている。それこそが、永続的進化を恐れない、リンキン・パークという音楽生命体の現在の姿だ。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Nobody Can Save Me
  • 02. Good Goodbye
  • 03. Talking to Myself
  • 04. Battle Symphony
  • 05. Invisible
  • 06. Heavy (feat. Kiiara)
  • 07. Sorry for Now
  • 08. Halfway Right
  • 09. One More Light
  • 10. Sharp Edges

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Linkin Park

リンキン・パーク。LA出身の5人組ヘヴィ・ロック・バンド。掃いて捨てるほど存在するこのスタイルのバンドから彼らはいかにして抜きん出たのだろうか?簡単なバイオグラフィーと共に彼らの魅力に迫りたいと思う。

プロフィール詳細へ

Linkin Parkに関連する商品・チケット情報

  • リンキン・パーク3年ぶりニューアルバム 11月に来日公演も決定!名実共に世界各国で圧倒的な人気を誇るロックバンド、リンキン・パークの通算7作目となるスタジオ・アルバムが遂に登場。 ローチケHMV|6日前
  • リンキン・パーク、ジョー・ハーン監督映画のサントラ! ジョー・ハーン自らの他、チェスター・ベニントン、マイク・シノダ、デイヴ・ファレル(フェニックス)、そして映画にも出演しているアレック・プロによる音楽がスタイリッシュな映像を彩る! ローチケHMV|2014年12月15日(月)
  • リンキン・パーク、「Final Masquerade」のビデオ公開! バンド・サウンドを全面におしだした究極のロックアルバムが完成!絶賛発売中の最新アルバム『The Hunting Party』より「Final Masquerade」のミュージック・ビデオが公開中! ローチケHMV|2014年7月31日(木)
  • リンキン・パーク、リミックス・アルバム登場! 大ヒットした『リヴィング・シングス』のREMIXアルバムが登場!サマソニ2013で世界初披露されたSTEVE AOKIとのコラボ楽曲"A Light That Never Comes"収録! ローチケHMV|2013年9月19日(木)
  • LINKIN PARKのあの日、あの時 最終回 有島博志氏による“現場目撃秘蔵ストーリー”、リンキン・パーク編の最終回!「新作『LIVING THINGS』発売!そして、今後も続くLINKIN PARKの躍進!」 ローチケHMV|2013年4月18日(木)
  • LINKIN PARKのあの日、あの時 27 有島博志氏による“現場目撃秘蔵ストーリー”、リンキン・パーク編の第27回「新作『LIVING THINGS』発売直前のロス現地取材 Day 2〜part 2」 ローチケHMV|2013年4月18日(木)

オルタナティヴ/パンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品