この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Retroglide

Level 42 (レヴェルフォーティーツー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SH007
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, リマスター,輸入盤
追加情報
:
英国盤のみ1曲ボーナストラック追加収録

商品説明

約10年の時を経てLevel 42が復活。マーク・キングのヴォーカル & 高速チョッパーによる元祖ブリティッシュ・ジャズ・ファンクが堪能できる。オリジナル・メンバーである、マイク・リンダップ、ブーン・グールド参加。
英国盤のみボーナストラック追加収録。お求め易いインターナショナル盤もあります。

Mark King – Bass / Percussion / Vocals
Gary Husband – Drums
Nathan King – Guitars / Vocals
Mike Lindup – EVP88 / Vocals
Lyndon Connah – Keyboards
Sean Freeman – Saxes
Boon Gould – Guitar solo on ‘Ship’

Mark King uses Status Basses, Ashdown Amplification, Status Hotwire strings, and IK Multimedia Amplitude, T-Racks, & Sampletank II.

Gary Husband uses DW drums, Zildjian cymbals, Aquarian heads, Promark sticks, LP Percussion and Hardcase cases.

収録曲   

  • 01. Dive Into The Sun
  • 02. Rooted
  • 03. The Way Back Home
  • 04. Just For You
  • 05. Sleep Talking
  • 06. Retroglide
  • 07. All Around
  • 08. Clouds
  • 09. Hell Town Story
  • 10. Ship
  • 11. All I Need (UK Bonus Track)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
絶えず進化し、挑戦し続けるマークキングの...

投稿日:2008/11/16 (日)

絶えず進化し、挑戦し続けるマークキングの新たな傑作です。オリジナルメンバーも加わり、音楽の質もキープ。詞は意味深く、曲は味わい深く・・・聴くほどに心に染み入るアルバムです。

mika T さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
狂ったように最高!待ってて良かった♪年齢...

投稿日:2007/04/07 (土)

狂ったように最高!待ってて良かった♪年齢を重ねるごとに見事に演奏技術がグレードアップしていきますね。曲調は、昔馴染みの曲を彷彿とさせるようなメロディも織り込まれていて嬉しい限り。今回はかなり凝ったようで複雑に音を重ねているらしく、今まで知らなかったLevel42の技術的一面が伺われます。10数年前に行ったきりのLive。ぜひ再び日本に来て、その見事な演奏っぷりを生で!この眼に焼きつけたいです。Level42ファンは熱狂的で、ライブ、盛り上がるんですよね♪

チャラ さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
復活作とはいえ、さほど期待をせずにプレイ...

投稿日:2006/10/13 (金)

復活作とはいえ、さほど期待をせずにプレイヤーに掛けたら1曲目からぶっ飛びましたよ!ただの再結成作とは大違い。さすがマークキング。高速チョッパーを奏でながらヴォーカルをこなす様が脳裏をよぎります。ゲイリーハズバンドもいい仕事してますね。一番のお気に入りは5曲目「sleep talking」です。かつてのポップス路線突入以前のベースの暴れん坊将軍ぶりを彷彿させます。

やっち さん | 石川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Level 42

At the beginning of their career, Level 42 was squarely a jazz-funk fusion band, contemporaries of fellow Brit funk groups like Atmosfear, Light of the World, Incognito, and Beggar & Co. By the end of the '80s, however, the band -- whose music was instantly recognizable from Mark King's thumb-slap bass technique and associate member Wally Badarou's synthesizer flourishes -- had crossed over to the

プロフィール詳細へ

フュージョン に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品