この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

Chapter 1

Lee Konitz (リーコニッツ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
W443
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Italy
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Andrea Melani(Drums),  Lee Konitz(Sax (Alto)),  Piero Frassi(Piano),  Filippo Pedol(Double Bass),  Paolo Falascone(Engineer),  Paolo Piangiarelli(Producer),  Luciano Rossetti(Photography),  Marco Antongnozzi(Photography),  Maurizio Machella(Mastering),  Paolo Piangiarelli(Liner Notes)

商品説明

リー・コニッツが自作曲を、イタリアの気鋭ジャズ・ピアニスト、ピエロ・フラッシ率いるトリオと共演したアルバム。両者は、同じくPhilologyから出た「Piero Frassi Trio/Everything We Love」(Philology W386)でも3曲で共演しています。こちらはスタンダードでしたが、オリジナルを演奏(1曲を除く)する今回の作品ではさらに深いレベルでの共演が実現。それにしてもコニッツの豊かな楽想と渋い演奏は印象的。そしてフレッシも思索的なプレイで彼に応じていきます。

聴き所:トラック(2)「Softlee」
コニッツがピアノレスで演奏するテーマ・パートが往年のクール派を思わせてスリリングです。(Jazz Yellより)

Lee Konitz(as), Piero Frassi(p), Filippo Pedol(double bass), Andrea Melani(ds)

Recorded at Mu Rec Studio, Milano on September 11,2008.

収録曲   

  • 01. S.B.S.
  • 02. Softlee
  • 03. What Is It?
  • 04. My Romance
  • 05. Oceanic
  • 06. Many Things
  • 07. Solee
  • 08. Lonelee
  • 09. S.B.S. Alternate

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Lee Konitz

1927年10月13日米国イリノイ州シカゴ生まれのアルト・サックス奏者。レニー・トリスターノの薫陶を受けたジャズマンを“トリスターノ派”と称するが、コニッツはその代表的ミュージシャン。40年代末にクロード・ソーンヒル楽団、クールな時代のマイルス・デイヴィスと共演(『クールの誕生』)。49年に初リーダー作『サブコ

プロフィール詳細へ

Lee Konitzに関連する商品・チケット情報

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品