CD 輸入盤

Presence

Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7567.92439
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1976
フォーマット
:
CD
その他
:
スタジオレコーディング, リマスター,輸入盤
クレジット
:

Jimmy Page(Guitar),  Jimmy Page(Guitar (Acoustic)),  Jimmy Page(Guitar (Electric)),  John Bonham(Drums),  John Paul Jones(Bass),  John Paul Jones(Keyboards),  Robert Plant(Vocals),  Robert Plant(Harmonica),  Jeremy Gee(Engineer),  Jimmy Page(Producer),  Keith Harwood(Engineer),  Jimmy Page(Composer),  John Bonham(Composer),  John Paul Jones(Composer),  Keith Harwood(Mixing),  Peter Grant(Executive Producer),  Robert Plant(Composer)

商品説明

レッチリやレイジ・アゲンスト・マシーン、その他多くのオルタナ・バンドが敬愛してやまない後期ツェッペリンの金字塔的作品(1976年発表の通算7作目)。90年代オルタナを通過した耳にも新鮮に聞こえる本作は、それ以前の作品で頻繁に出てきたアコギやキーボードの仕様がなく全編エレクトリック・ギターがフューチャーされているのが特徴。また過度に歪ませず鋭さを強調したそのギターのカッティング、リフと、ファンキーとも言えるリズム隊の緊張感溢れるアンサンブルが聴きどころとなっている。ホント、レイジのファンの方、コレ聴かにゃーダメよ!
【1976年-2週連続全米No.1アルバム】  

収録曲   

  • 01. Achilles Last Stand
  • 02. For Your Life
  • 03. Royal Orleans
  • 04. Nobody's Fault But Mine
  • 05. Candy Store Rock
  • 06. Hots On For Nowhere
  • 07. Tea For One

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
61
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
惜しい!本当に惜しい!アキレス〜と「俺の...

投稿日:2013/05/14 (火)

惜しい!本当に惜しい!アキレス〜と「俺の罪」の曲順を逆にしていれば文句なし、トータルで最強のロックアルバムになっていただろう。アキレス〜を初っ端にもってこざるを得なかったところが彼らの当時の内なる迷いを図らずも反映している。これが例えば4thのころの彼らだったらこの曲順にはしなかったはずだ。リリース当時の時代背景も違う、単純に比較することは無意味と知りつつも、どうしても歯がゆさを感じてしまう・・・個々の楽曲それぞれの出来栄えは素晴らしいだけに本当に残念!

リリーGO さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
このアルバムもリアルタイムで聴いていた。...

投稿日:2012/12/31 (月)

このアルバムもリアルタイムで聴いていた。とにかく、ZEPにのめり込んでいた時だったね。偉大なバンドですよ。俺の罪のジョンボーナムのドラム最高!ロバートのヴォーカル、ジミーのギターもいいけど、何と言っても、ジョンボーナムのドラムが最高!とにかく強い衝撃を受けたよ。彼なしには、ZEPPELINはあり得ないと言っても過言ではない。そんだけの存在感がある。ジョンボーナム様バンザイ!

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
「Achilles Last Stand」で音の塊が疾走す...

投稿日:2011/07/10 (日)

「Achilles Last Stand」で音の塊が疾走するスピード感、スケール感は圧倒的。「Royal Orleans」もハードな名曲です。ラストを「Tea For One」で締める構成も絶妙。全体的に鋭いエッジの利いた曲が並んでおり、緊迫感が半端じゃありません。名盤!!

たか さん | 神奈川県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Led Zeppelin

What the Beatles were to the '60s, Led Zeppelin were to the '70s: a band so successful and innovative they wound up creating the prism through which their entire epoch was seen. Zeppelin ushered in the era of album rock -- they refused to release singles off their albums, even when they were garnering massive radio play -- and of arena rock, playing ever-larger stadiums as their ticket sales skyro

プロフィール詳細へ

Led Zeppelinに関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品