CD

Reflections

Kurt Rosenwinkel  (カート・ローゼンウィンケル)

Ponta2倍 送料無料

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VACM1398
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

カートが、21世紀の新しい音楽の革新者として名高いのは、まったく正当なことといっていい。僕らの世代のあらゆるミュージシャンは、マーク・ターナー、ベン・ストリート、ジェフ・バラードを従えたカルテットでカートが自作曲を演奏するのを、スモールズで毎週のように聴いて育ったものだ。口ずさめるメロディ、濃密なリズム、漲るヴァイブ。僕自身だけでなく、多くの仲間が、この頃の演奏には大きな影響を受けた。

一方でカートは、より伝統的なジャズの表現においても愛され尊敬されてきた。バラードばかりをとりあげたこのアルバムは、ジャズの伝道師としてのカートの一面をはっきりと映し出している。偉大なアメリカのソングブックから選んだスタンダードだけでなく、カートの音楽とそのメッセージを特徴づけるふたりの作曲家、セロニアス・モンクとウェイン・ショーターが、ここではきっちりとりあげられている。

本作でカートは、この直球勝負のミッションに殉じるべくふたりの名高い仕事師と手を組んだ。ベーシストのエリック・レヴィスは、ブランフォード・マルサリスのカルテットでレギュラーとして活動し、過去にベティ・カーターやラルフ・ピーターソンとも共演している。ぬくもりのあるサウンドと、自然なファンキーさが持ち味。一方のドラムのエリック・ハーランドは、マッコイ・タイナー、デイヴ・ホランドにジェイソン・モランなど、その多彩な共演歴で知られている。ハーランドはルーズにもタイトにも叩ける。その滑らかなスティックさばきは仲間の誰もが一目置くところだ。

繊細さと精妙さの表現を主眼としたこのようなアプローチが、この3人にとっていかに慣れ親しんだものであるか、彼らはこのレコーディングを通して存分に証明してみせてくれる。(イーサン・アイヴァーソンによる原文ライナーノーツより抜粋)

カート・ローゼンウインケル(g) エリック・リーヴス(b) エリック・ハーランド(ds)

内容詳細

ジャケット上部に英文でつつましやかに記されたスタンダーズ・トリオという名称。モンクの「リフレクションズ」「アスク・ミー・ナウ」、ショーターの「フォール」「アナ・マリア」などのナンバーを柱にした本作(「イースト・コースト・ラヴ・アフェア」が自作)の、エフェクトを抑えたモノトーンの静謐な爪弾きは、彼のハードコアな側面を大きく覆し、その丸腰ギターがカートの善美をあらためて証明する。(辺)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. リフレクションズ
  • 02. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
  • 03. フォール
  • 04. イースト・コースト・ラヴ・アフェア
  • 05. アスク・ミー・ナウ
  • 06. アナ・マリア
  • 07. モア・ザン・ユー・ノウ
  • 08. ユーヴ・チェインジド

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Kurt Rosenwinkel

Guitarist Kurt Rosenwinkel began his professional career in 1990, when he dropped out of Berklee only two and a half years into his college education to go on tour with Gary Burton and his band. Burton gave the young musician a hand up, helping him move to New York, giving him money, and setting him up with the kind of connections that Rosenwinkel needed to get started. The effort paid off when Ro

プロフィール詳細へ

この人物・団体の別の商品

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

  • \絶賛発売中!/ 1968年のビル・エヴァンス・トリオ幻のスタジオ録音 1968年6月20日、モントルー・ジャズ祭出演の5日後にエヴァンス、ゴメス、ディジョネットがMPSスタジオで繰り広げたレコーディング・セッション。本トリオ唯一となるスタジオ録音がResonance社より遂に陽の目を見ます!輸入盤2CD、国内仕様盤2CDの2形態。 ローチケHMV|4時間前
  • これが入手のラストチャンス!ゲッツ晩年の最高傑作『Voyage』再入荷 1986年Blackhawkレーベルに残された後期スタン・ゲッツの名盤が再入荷。ゲッツの伸びやかなテナー、天才的なひらめきでもって追随するケニー・バロン。当時のレギュラー・カルテットと共に最高のプレイを聴かせてくれる、聴きどころ満載のジャズファン必携の一枚。お早目のご予約を! ローチケHMV|4時間前
  • ベツレヘム諸作でおなじみのラルフ・シャロン1995年トリオ(+@)作が限定再入荷 クリス・コナーの歌伴などベツレヘム諸作で有名なイギリス出身のベテラン・ピアニスト、ラルフ・シャロン。本作は1995年に吹き込まれたトリオ盤で、寺島本「ピアノ・トリオ500」にも掲載されたスウィンギーな逸品。3曲でジェリー・マリガン(bs)がゲスト参加。限定再入荷が決定しました! ローチケHMV|4時間前
  • 十八番のビートルズ&ポール・カヴァーも!ブラッド・メルドー・トリオ久々スタジオ録音新作 ラリー・グレナディア(b)、ジェフ・バラード(ds)との一枚岩のブラッド・メルドー・トリオがおくるNonesuch最新作。有名スタンダード、チャーリー・パーカー曲、映画「脳内ニューヨーク」サントラ収録の「Little Person」、さらにはメルドーがこよなく愛するビートルズ「And I Love Her」やポール・マッカートニー「My Valentine」のカヴァーも。 ローチケHMV|4時間前
  • 米ビルボード・ジャズ・チャート初登場1位!上原ひろみ新作『SPARK』 世界を駆けるピアニスト=上原ひろみ、アンソニー・ジャクソン(b)&サイモン・フィリップス(ds)との「ザ・トリオ・プロジェクト」、全曲ひろみのオリジナルによる最新作が4/23週付けの米ビルボード・ジャズ・チャートで初登場1位を記録!さらにSUMMER SONIC 2016への出演も決定しました! ローチケHMV|4時間前
  • 鬼才ジョン・サーマンの70年代傑作2タイトル20年ぶりCD復刻 60〜70年代に英国ジャズロック〜フリージャズ・シーンをリードし、近年はECM諸作でおなじみの鬼才ジョン・サーマン。英スピリチュアル・フリーの傑作とも称される全曲オーバーダブによるソロ作『Westering Home』(72年)と、ジョン・マーシャル(ds)、ジョン・テイラー(p)、テリエ・リピダル(g)らとのセッション録『Morning Glory』(73年)が20年ぶりにリイシュー! ローチケHMV|5時間前

おすすめの商品