CD 輸入盤

Everything Is Changed

Kirk Lightsey (カーク ライトシー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SSC1020
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1987
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Chico Freeman(Percussion),  Eddie Gladden(Drums),  Famoudou Don Moye(Percussion),  Jerry Gonzalez(Trumpet),  Kirk Lightsey(Piano),  Santi Debriano(Bass),  Bobby Routch(French Horn),  Jerry Gonzalez(Conga),  Jerry Gonzalez(Flugelhorn),  A.T. Michael MacDonald(Engineer),  Francois Zalacain(Producer),  Christopher Drukker(Design),  Christopher Drukker(Photography),  James Browne(Liner Notes),  Kirk Lightsey Quartet(Performer),  Tim Geaney(Photography)

商品説明

This excellent album finds pianist Kirk Lightsey exploring five standards and his bassist Santi Wilson Debriano's Nandi with a solid quartet. Drummer Eddie Gladden is an asset but trumpeter Jerry Gonzales (whose muted statements on four of the six selections recall the lyricism of Miles Davis) often comes close to stealing the show. Lightsey, who sounds particularly strong on the ballads, is the obvious leader and his tasteful yet swinging piano is a joy to hear. ~ Scott Yanow, Rovi

収録曲   

  • 01. Everything Is Change (D) (07:05)
  • 02. Billie's Bounce (06:36)
  • 03. Estate (11:28)
  • 04. Evidence (06:35)
  • 05. Nandi (11:20)
  • 06. Alone Together (07:21)
  • 07. Lament (10:50)
  • 08. Blues on the Corner (05:20)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1986年の録音で燻し銀のバックを率いた極上...

投稿日:2012/09/22 (土)

1986年の録音で燻し銀のバックを率いた極上のバラードに酔わされる。カーク・ライトシー(Kirkland Lightsey 1937年2月15日〜)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。カーク・ライトシーもさることながら、この意外性のある共演者が肝といえる。トランペットはラテンのパーカッショニストでもあるジェリー・ゴンザレス。ベースはパナマ出身でウォルター・デイヴィスの「Scorpio Rising」の見事な低音が印象深いサンティ・デブリアーノ。ドラムはリッチー・コールの「Alto Madness」に参加していた火の出る太鼓のエディ・グラッデン。全員が本来a熱い演奏が得意なのだが、そこをライトシー大将にグッと押さえ込まれた。ここが凄くて思わず鳥肌ってしまう。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Kirk Lightsey

A pianist who is not a trendsetter but is consistently excellent, Kirk Lightsey long ago developed his own sound within the hard bop tradition. He started playing piano when he was five, although he also played clarinet while in high school. Lightsey worked in Detroit and California in the early '60s, often accompanying singers. He gained some attention in 1965 when he recorded with Sonny Stitt an

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品