CD

KIMONOS

KIMONOS

基本情報

カタログNo
:
TOCT27004
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

kimonosと名付けられたユニット。これは向井秀徳とLEO今井による新プロジェクトだ。少し意外な組み合わせと思われる方もいるかもしれないが、かつて向井秀徳日記には、「LEO今井の「Tokyo Lights」は名曲である」との記述があったり、08年にはLEO今井のシングル「Metro」を向井秀徳がプロデュースするなど、なにかとシンパシーを感じあっている二人である。ジャケットの美人画に象徴される独特な世界観、二人に共通する「東京に対するまなざし」を中心に描かれる"最新の浮世音楽"10曲。2010年の日本でしか鳴り得ない音楽が鳴り響く。

内容詳細

ZAZEN BOYSの向井秀徳と、ロンドンで活動していたLEO今井によるプロジェクトのデビュー作。日本人には出せない音で、かといって洋楽でもない和洋折衷の不思議なテクノ。まず最初に演奏してみたのが細野晴臣の名曲「Sports Men」で、当時なら細野プロデュースだったかもと思わせる音作り。(円)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
'10年発表。4年前の「Metro」の頃からこの両名...

投稿日:2011/06/02 (木)

'10年発表。4年前の「Metro」の頃からこの両名…LEO今井と向井秀徳は相性いいだろーなと思ってたけど、それがユニット化!かくしてキモノズ、えらくNWでテクノ的。でも音の質感は硬いのにビートの肌ざわりはどこかヒューマンで、しかもそこにジャパネスクがあるのがミソ。細野さんのカバーもブレてないし、LEO今井のIもキリキリするよな感覚で都市的孤独感が強調されてる。じつに鋭い盤!

madman さん | 東京都 | 不明

0

関連するチケット

KIMONOSに関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド