CD 輸入盤

Absolute Dissent

Killing Joke (キリング・ジョーク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2736642
組み枚数
:
2
レーベル
:
Pid
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, デラックスエディション,輸入盤
クレジット
:

Jaz Coleman(Composer),  Jeremy Coleman(Composer),  Killing Joke(Composer),  Martin Glover(Composer)

商品説明

「ポスト・パンクの旗手」「オルタナ/ヘヴィ・ロックの先駆者」、Killing Joke通算13作目がリリース!何とオリジナル・メンバーが28年振りに集結したデビュー30周年記念作!

新作プロデュースはバンドとYouth、エンジニアとミキシングはYouthと数多くの作品に関わってきたClive Goddardがロンドン、プラハ、スペインのスタジオで行った模様。気になるラインナップは、Jaz Coleman(Vo)、Kevin "Geordie" Walker(G)、Martin "Youth" Glover(B)、Paul Ferguson(Ds)の4人!つまり、ファン待望のオリジナル・ラインナップでの新作となります!

※こちらの限定2枚組には、 Killing Jokeに影響を受けたバンドによるカヴァー曲を収録したトリビュート盤(予定)のボーナスCD付!

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Absolute Dissent
  • 02. The Great Cull
  • 03. Fresh Fever From The Skies
  • 04. In Excelsis
  • 05. European Super State
  • 06. This World Hell
  • 07. Endgame
  • 08. The Raven King
  • 09. Honour The Fire
  • 10. Depthcharge
  • 11. Here Comes The Singularity
  • 12. Ghosts Of Ladbroke Grove

ディスク   2

  • 01. The Wait - Metallica
  • 02. Europe - Amen
  • 03. Primitive - Helmet
  • 04. Pssyche - Econoline Crush
  • 05. Love Like Blood - Dead By April
  • 06. Democracy (NIN Remix) - Killing Joke
  • 07. Wardance - Mad Capsule Markets
  • 08. Pssyche - Nouvelle Vague
  • 09. Millennium - Fear Factory
  • 10. Requiem - Foo Fighters
  • 11. Pandemuumio/Pandemonium - Kotiteollisuus

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
前作同様まだ綺麗にまとまり過ぎかな?大分...

投稿日:2010/12/13 (月)

前作同様まだ綺麗にまとまり過ぎかな?大分良くなってきたんだけどな。未練たらしく初期KJを期待する俺が悪いのか・・・(涙)。輸入2CDバージョンのボーナスCDは結構イケてます。どうせ選ぶなら絶対コレ。

なまけもの さん | 島根県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
'10年発表。27年ぶりに最盛期の面々が結集し...

投稿日:2010/11/13 (土)

'10年発表。27年ぶりに最盛期の面々が結集した聴き応えたっぷりの熱いUKオヤジ・ロック。遺伝子組換食品や汚染血液製剤、巨大になりすぎたEU圏、一神教など怒りの矛先は時代とともにアップデートされているが、音は30年前、最初期の彼らを思い出す荒々しさと重さ、欧州浪漫主義に満ちている。ポストパンク、インダストリアルロック、ベビーロックは元々ここにあったのか!と改めて気づく。

madman さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Killing Joke

Heavy and slow, Killing Joke (at least early in their career) were a quasi-metal band dancing to a tune of doom and gloom. They eventually became less heavy and more arty (the latter seems almost impossible) -- more danceable, even -- but early on they made some urgent slabs of molten dynamite that oozed with the power of thick guitars, thudding drums, and over the top singing. The origins of Kill

プロフィール詳細へ

オルタナティヴ/パンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品