CD

Hot Fuss

Killers (キラーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICL1045
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Brandon Flowers(Synthesizer),  Brandon Flowers(Vocals),  David Keuning(Guitar),  Mark Stoermer(Bass),  Ronnie Vannucci(Drums),  Brandon Flowers(Producer),  Corlene Byrd(Engineer),  Jeffrey Saltzman(Engineer),  Jeffrey Saltzman(Producer),  Killers(Producer),  Tony Vanias(Engineer),  Alan Moulder(Mixing),  Brandon Flowers(Composer),  Brandon Flowers(Group Member),  Brian "Big Bass" Gardener(Mastering),  Dario Dendi(Assistant Engineer),  Dave Stedronsky(Assistant Engineer),  David Keuning(Composer),  David Keuning(Group Member),  Louis Marino(Art Direction),  Mark Needham(Assistant Engineer),  Mark Needham(Mixing),  Mark Stoermer(Composer),  Mark Stoermer(Group Member),  Matt Hartman(Photography),  Ronnie Vannucci(Composer),  Ronnie Vannucci(Group Member),  Seth Golbfarb(Cover Photo),  Killers(Composer),  Will Brierre(Assistant Engineer),  Paul Resta(Marketing),  Robert Stevenson(A&R),  Tara Podolsky(A&R)

商品説明

今年のSXSWでも大きな注目を集めた、ラスベガス出身の期待のニューカマー、キラーズのデヴュー・アルバム。モダン・ロックの疾走感にデュラン・デュラン、サイケデリック・ファーズ等の80'sロックの遺伝子が絡み合うキャッチーで刺激的なサウンドの完成度はかなり高い注目のバンドです。オルタナ系とは一線を画すブライトでポップな音楽性は新鮮に聴こえます! ミックスはU2、スマパン、ディペッシュ・モードらを手がけたアラン・モールダーが担当。

日本盤のみボーナス・トラック収録予定

内容詳細

ラスベガスを拠点にする4人組のデビュー・アルバム。新しさはまったくないが、まるでデュラン・デュランがオルタナ風味になったような奇妙なノスタルジーが魅力とも、メロディの人懐こさが魅力とも言える。英米のチャートで大健闘。(詩)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
36
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
最初に購入した時は、@ACDの曲ばかり聞...

投稿日:2012/10/06 (土)

最初に購入した時は、@ACDの曲ばかり聞いていましたが、今では すべての曲が好きです。文句なし最高のアルバムです!

アルフ さん | 香川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
メロディーも音も声も、まんま80年代。キュ...

投稿日:2010/02/24 (水)

メロディーも音も声も、まんま80年代。キュアーやエコー&ザバニーメンなど聞いてきた世代には、どハマりです。個人的にはBがベストチューン。

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
'04年発表。ラスベガス出身だが、80年代UK風味の...

投稿日:2009/05/10 (日)

'04年発表。ラスベガス出身だが、80年代UK風味の音を出し、英国でまず火がついた4人組。ベストヒットUSA世代の購買欲をくすぐるとの噂を聞いたときは「またまたあ?」と防衛本能が働いたが、確かにシンセのチープな使い方はあの時代のにおいが……。でもきっと彼らはこれが新しいと信じているはず。この思い込みがある限り古臭さは微塵も感じさせない。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Killers

Few bands in the early 2000s rose so quickly to the forefront of pop music as the Killers. With a mix of '80s-styled synth pop and fashionista charm, the band's street-smart debut, Hot Fuss, became one of 2004's biggest releases, spawning four singles and catapulting the group -- particularly their dandyish, 22-year-old frontman, Brandon Flowers -- into the international spotlight. Hot Fuss revele

プロフィール詳細へ

Killersに関連する商品・チケット情報

UK/インディ に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品