CD 輸入盤

Introducing

Kenny Garrett (ケニー・ギャレット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1014
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Holland
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Kenny Garrett(Sax (Alto)),  Mulgrew Miller(Piano),  Nat Reeves(Bass),  Tony Reedus(Drums),  Woody Shaw(Trumpet),  Woody Shaw(Flugelhorn),  Gerry Teekens(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Bill May(Cover Photo),  Leendert Stofbergen(Cover Design),  Max Bolleman(Editing),  Stanley Crouch(Liner Notes)

商品説明

 記念すべきギャレットのデビューアルバム。当時、ギャレットはマーサー・エリントン・オーケストラでの演奏を経て、ニューヨークへ移り、中央ジャズ界への足がかりを得たところだった。メル・ルイス・オーケストラやダニー・リッチモンドのバンドでの演奏の成果を捉えた活きのいい演奏だ。

Kenny Garrett (As), Woody Shaw (Tp / Flh), Mulgrew Miller (P), Nat Reeves (B), Tony Reedus (D)という、錚々当たるメンバーを引き連れた、未熟ながらドライヴ感に満ちた演奏だ。

 Recorded December 28, 1984 in Englewood Cliffs, NJ, USA by Rudy Van Gelder

収録曲   

  • 01. For Openers (06:27)
  • 02. Have You Met Miss Jones? (09:19)
  • 03. Silent Prayer (08:03)
  • 04. Blues in the Afternoon (04:00)
  • 05. Oriental Towaway Zone (04:32)
  • 06. Until Tomorrow (08:49)
  • 07. Reedus' Dance (06:11)
  • 08. Lover (08:13)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Kenny Garrett

1960年、デトロイト生まれ。10歳でサックスを始め、高校時代には地元のバンドで活躍する。80年にニューヨークへ移ると、ジョージ・コールマンらのバンドに参加、84年にはCRISS CROSSレーベルから初リーダー・アルバム『INTRODUCING KENNY GARRETT』を発表した。アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズを経て、87年に

プロフィール詳細へ

Kenny Garrettに関連する商品情報

  • ”ダンス衝動に訴える” ケニー・ギャレット最新作 今もなおシーンの最前線で揺るぎない存在感を放つサックス奏者ケニー・ギャレットのMack Avenue最新作。テーマはなんと「ダンスする喜び」。 HMV&BOOKS online|2016年6月16日(木)
  • ギャレット英傑巨匠トリビュート 揺るぎなき存在感を放つケニー・ギャレットのMack Avenue第三弾は、新旧メンバーを交えながらおくる、チック、ロリンズら自身のヒーローへのトリビュート。歴史の遺産と新たなアイデンティティー。 HMV&BOOKS online|2013年8月5日(月)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品