CD 輸入盤

Blue Lights: Vol.1 & Vol.2

Kenny Burrell (ケニー・バレル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
57184
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
オリジナル盤発売年
:
1958
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Art Blakey(Drums),  Bobby Timmons(Piano),  Duke Jordan(Piano),  Junior Cook(Sax (Tenor)),  Kenny Burrell(Guitar),  Louis Smith(Trumpet),  Sam Jones(Bass),  Tina Brooks(Sax (Tenor)),  Alfred Lion(Producer),  Michael Cuscuna(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  アンディ・ウォーホル(Design),  アンディ・ウォーホル(Illustrations),  Don Robey(Composer),  George Gershwin(Composer),  Ira Gershwin(Composer),  Patrick Roques(Design),  Reid Miles(Cover Design),  Reid Miles(Design),  Robert Levin(Liner Notes),  Ron McMaster(Digital Transfers)

商品説明

 ブルーノート1500番台の最後近く、1958年5月14日に録音されたケニー・バレルのスタジオ・ジャズセッションとしての魅力を満載した作品。バレルには「プレスティッジ」にもどう趣向の作品が存在するが、本作の演奏に漂うなんともいえないブルース・フィーリングはジャズの本質を見事に描き出している。
 特にティナ・ブルックスの参加は、多くのジャズファンにとって幸運だった。本作でのティナの演奏を聴いて彼のファンになった方もいいだろう。
 一方、粗野な面だけが強調されがちなジュニア・クックの意外な繊細ぶりやルイ・スミスのブルース・フィーリング溢れるプレイ振りは、1958年というこの時期、ハードバップ全盛期の演奏家たちの弾む生命感を伝えてくれる。「ジャズが活きている」時代の演奏だ。
 もちろん、デューク・ジョーダン〜サム・ジョーンズ〜アート・ブレイキーというこれ以上ないリズムセクションがフロントを引き立て、さらにホスト役のバレルもコードワーク、ソロと生涯最高の演奏の一つを聞かせてくれる。全ジャズファン必聴のジャズ・ブルース・アルバム。
 なお、本作はアンディ・ウォ−ホールのイラストが使用されたことでも有名で、オリジナルアナログ盤の価値はそうしたところにも存在する。
 Vol.1 はブルー、Vol.2はうす紫色だ。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Phinupi
  • 02. Yes Baby
  • 03. Scotch Blues
  • 04. Man I Love
  • 05. I Never Knew

ディスク   2

  • 01. Caravan
  • 02. Chuckin'
  • 03. Rock Salt
  • 04. Autumn In New York

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Kenny Burrell自身の影が少し薄めな気がし...

投稿日:2004/09/27 (月)

Kenny Burrell自身の影が少し薄めな気がします◇◆でも”Phinupi”と”I Never Knew”の演奏が凄いカッコイイのでアルバムとしては10点満点です◇◆ジャケットもウォーホールが描いたもので素晴らしいので10点満点です◇◆皆さん是非とも聴いてみてください〆

Yoshihiro (19) さん | 横浜 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Kenny Burrell

One of the leading exponents of straight-ahead jazz guitar, Kenny Burrell is a highly influential artist whose understated and melodic style, grounded in bebop and blues, made him in an in-demand sideman from the mid-'50s onward and a standard by which many jazz guitarists gauge themselves to this day. Born in Detroit in 1931, Burrell grew up in a musical family in which his mother played piano an

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品