CDシングル

I Won't Turn Off My Radio

Ken Yokoyama

基本情報

カタログNo
:
PZCA71
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CDシングル

商品説明

Ken Yokoyama待望の最新作がついに発売決定!エモさと疾走感を兼ね備えた“横山節”が見事に炸裂!!

一昨年に全国の劇場で公開されたドキュメンタリー映画をパッケージしたDVD「横山健-疾風勁草編-」を筆頭に、ピザオブデスレコーズのHPで連載されているコラムをまとめた書籍「横山健-随感随筆編-」、ライブカメラマン岸田哲平氏による写真集「横山健-岸田哲平編-」と様々なカタチでシーンを賑わしている横山健。そんな彼が本務とする自身のバンドKen Yokoyamaとしての作品を遂に完成させた。今作は挨拶代わりのシングルとなるわけだが、2007年の「Not Fooling Anyone」以来、実に8年振り(!!)のシングル作品。前作のアルバム「Best Wishes」から数えても約2年振りの作品となる。表題曲はバンドの十八番であるスピード感あふれるパンクサウンドを基調にはしているが、音の豊かさが更に進化を遂げている。古くからある、今でも大切な物、はたまたそういう存在であり続けたいという彼の願いか、そんなメッセージが込められている楽曲は、エモさと疾走感を兼ね備えた、ガッツポーズしたくなるようなキラーチューン。ドキュメンタリーDVDの特典映像で語られていた次回作への抱負や野望、そして音楽性・・・。否が応でも期待が高まる作品。気になるその片鱗が今作でついに明らかになる!!

内容詳細

パンク・キッズのヒーロー、Ken Yokoyamaの3枚目となる4曲入りEP。ロックンロール的ともいえる、すさまじくシンプルかつ強固なグルーヴの上で、パンク・ロックへの想いをぶちまける「Dance, Sing〜」のほか、約1分で畳み掛けるチャップリン作曲の「Smile」カヴァーがたまりません。(エ)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

関連するチケット

Ken Yokoyamaに関連する商品・チケット情報

パンク/ハードコア に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品