この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Two For The Show

Kansas (カンサス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4668422
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1978
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Dave Hope(Bass),  Kerry Livgren(Guitar),  Kerry Livgren(Keyboards),  Phil Ehart(Drums),  Phil Ehart(Percussion),  Rich Williams(Guitar),  Robbie Steinhardt(Violin),  Robbie Steinhardt(Vocals),  Steve Walsh(Keyboards),  Steve Walsh(Vocals),  Brad Aaron(Engineer),  Davey Moire(Engineer),  David Hewitt(Engineer),  Kansas(Producer),  Andy Freeberg(Photography),  Darryl Pitt(Photography),  David Hewitt(Mastering),  George Marino(Mastering),  Jim Barrett(Artwork),  Jim Barrett(Illustrations),  Neal Preston(Photography),  Raul Vega(Photography),  Terry Ehart(Photography),  Tom Drennon(Art Direction),  Tom Drennon(Design),  Brad Aaron(Associate Engineer),  Kansas(Cover Art Concept),  Robbie Steinhardt

商品説明

By the late '70s, Kansas had not only established themselves as one of America's most adventurous progressive rock bands; they even had a number of Top 20 hits to their credit. And as they finally paused for a breath after a string of five increasingly successful studio albums, it made perfect sense to fill the gap with a live album. Originally released as a double-vinyl set, Two for the Show is a sprawling, mind-boggling affair that juggles such epics as Journey from Mariabronn and the self-explanatory Magnum Opus (both of which will undoubtedly thrill fanatics with their extended improvisations) with mandatory hit singles Carry on Wayward Son and Dust in the Wind. ~ Eduardo Rivadavia, All Music Guide

収録曲   

  • 01. Song For America
  • 02. Point Of Know Return
  • 03. Paradox
  • 04. Icarus (Borne On Wings Of Steel)
  • 05. Portrait (He Knew)
  • 06. Carry On Wayward Son
  • 07. Journey From Mariabronn
  • 08. Dust In The Wind - (acoustic guitar solo)
  • 09. Lonely Wind - (piano solo)
  • 10. Mysteries And Mayhem
  • 11. Lamplight Symphony - (excerpt)
  • 12. Wall, The
  • 13. Magnum Opus

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
こんな完成度の高い充実したライブ盤、そう...

投稿日:2011/07/11 (月)

こんな完成度の高い充実したライブ盤、そうありませんね。選曲も演奏もすばらしい。スティーブの声もいいし、ロビーのバイオリンも文句無し。LP2枚組時代から聴き始め、CD1枚盤になったときは、1曲カットされたのは残念ながらも、1枚で一気に4面分が聴けるようになったのを喜んだものでした。30周年記念盤では、新たなDisc2に大した期待はしていなかったのですが、聴いてみてそのすばらしさにびっくり。Disc1に既にベストの楽曲が収録されてはいますが、Disc2にもDisc1に匹敵する質と量の曲が収録されていることを知りました。但し、収録順は実際の演奏順に入れ替えてほしかった。2枚組の最後はやはり、Magnum Opusでしめくくらないと。

blumental さん | 岡山県 | 不明

2
★
★
★
★
★
以前にも書いたのですが、個人的にはこのア...

投稿日:2009/12/13 (日)

以前にも書いたのですが、個人的にはこのアルバムは今まで聴いてきたライブアルバムの中で最高峰に位置する作品です。アナログの構成に思い入れがあるのですが、A〜D面の各面にクライマックスが用意されており、特にC面にあたるDust in the Wind〜The Wallへの流れは何度聴いても最高のスリルを味あわせてくれます。今回30周年記念盤ということで、数々のボートラも追加収録されていますが、この時代のKansasは本当にスリリングです(この間でましたKnow Placeも円熟の極みではあるのですが)。この時代のライブ映像がDVDにならないものかと切に願う次第であります。

sake さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
カンサスの初来日は1980年1月。その前年(...

投稿日:2009/10/15 (木)

カンサスの初来日は1980年1月。その前年(日本のファンにとっては)にいわば予告編のような形でリリースされた(当時)2枚組のこのアルバムは、ライブ・パフォーマンスが決してスタジオワークに劣ることのない、カンサスのレベルの高さを証明してくれた。当時はこのアルバムと「モノリス」を聴き込んで、ライブに臨んだわけで、思い入れはとても深い。2本のギターにキーボード、ヴァイオリンまで入った音の洪水がカンサスの重厚なサウンドの核なのだろうが、私が最も好きなのは、LPでは3面に当たるDust In The Wind〜アコギソロ〜ピアノソロ〜Lonely Windと続く、いわば静の部分。銀座に武道館のチケットを買いに行ったときに、ソニービル内のオーディオルームで聴いた時の感動は今も忘れられない。 CDになって購入しなおした時に、なぜかCloset Chroniclesが削られていたが、今回ボーナスとして復活して実に嬉しい。紙ジャケ2枚組となってオリジナルの雰囲気を満喫できる上、沢山の追加ライブ音源も入り、文句のつけようないアルバムだ。もし、初めてKansasを聴く人がいるならば、いきなりこのアルバムから入ってもOKじゃないかな?シュールなジャケットも大好きです。

macs さん | 茨城県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Kansas

Fusing the complexity of British prog rock with an American heartland sound representative of their name, Kansas were among the most popular bands of the late '70s, with many of their hits becoming staples of AOR radio playlists. Formed in Topeka in 1970, the founding members of the group -- guitarist Kerry Livgren, bassist Dave Hope, and drummer Phil Ehart -- first played together while in high s

プロフィール詳細へ

Kansasに関連する商品・チケット情報

  • KANSAS 『Leftoverture』完全再現ライヴ! KANSAS が1976年に発表した4thアルバム『Leftoverture』(邦題:永遠の序曲)のリリース40周年を記念して行った完全再現ライヴの模様を収録した2枚組ライヴアルバム。 ローチケHMV|2017年8月31日(木)
  • 新編成カンサス 16年ぶり最新スタジオ作 新ヴォーカリスト、ロニー・プラットらを迎えたカンサス 実に16年ぶりとなるスタジオ・アルバムが完成。輸入・国内盤全4形態でのリリース。 ローチケHMV|2016年9月26日(月)
  • カンサス×ロンドン交響楽団による名共演盤が久々CDリイシュー アメリカン・プログレッシヴ・ハードの開祖カンサス。ロビー・スタインハート復帰後の1998年、念願だったフルオーケストラ(ロンドン交響楽団)との共演を実現させたセルフ・リメイク・アルバムが久々再CD化。元来シンフォニック要素が大きかったバンドの資性とフルオケとのコラボが大吉と出て、オリジナルとは異なる魅力を引き出すことに成功した名盤。 ローチケHMV|2016年3月27日(日)
  • カンサスの新作長編ドキュメンタリー! カンサスのデビュー40周年を記念したドキュメンタリーがDVD化。CDにはドキュメンタリーから抜粋された音声と共にヒット曲や知られていないレアな楽曲も収録。国内盤付属のDVDには字幕入り! ローチケHMV|2015年3月24日(火)
  • 元カンサスのケリー・リヴグレンのソロ・デビュー・アルバム再発! 元カンサスのケリー・リヴグレンのソロ・デビュー・アルバム『Seeds of Change』のコレクターズ・エディション限定リマスター盤。レアな写真などを掲載したフルカラー・ブックレット付。 ローチケHMV|2013年12月18日(水)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品