CD

UNITY

KYOTO JAZZ SEXTET

基本情報

カタログNo
:
UCCJ2143
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

DJ/音楽プロデューサー・ユニット、Kyoto Jazz Massiveの沖野修也が2015年に始動させたアコースティック・ジャズ・ユニット。
2年ぶりのセカンド・アルバムは、全編書き下ろしの新曲で固め、スピリチュアル・ジャズとヒップ・ホップの両翼を拡張!

●ワールドワイドな活動を展開するDJ/音楽プロデューサー・ユニット、Kyoto Jazz Massiveの沖野修也が2015年に始動させたプロジェクト。
●1960年代のブルーノートの新主流派モード・ジャズを核にしながらも、単なる懐古趣味にとどまらず、それをモチーフにして“ジャズの現在”を表現することをコンセプトにしたアコースティック・ジャズ・ユニット。2015年のデビュー・アルバム『ミッション』リリース後も、東京JAZZ出演をはじめ現在に至るまで継続してライヴ活動を展開し、ファンを増やしてきました。
●前作『ミッション』はブルーノート・レーベルの名曲カヴァー集でしたが、今回は全編オリジナル。オリジナル・メンバーに加え、タブ・ゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、ファラオ・サンダースの息子の新進気鋭のサックス奏者トモキ・サンダース、そして、 元ファータイル・グラウンドのソウル・ディーヴァであるナヴァーシャ・デイヤがゲスト参加。

KYOTO JAZZ SEXTET: 沖野修也(produce) 平戸祐介(p) 小泉P克人(b) 天倉正敬(ds) 類家心平(tp) 栗原健(ts)
タブ・ゾンビ(tp) トモキ・サンダース(ts) ナヴァーシャ・デイヤ(vo)

(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

沖野修也率いるジャズ・ユニットの第2作。前作はブルーノート・カヴァーであったが、今作は全編オリジナル。1960年代の主流派モード・ジャズにインスパイアされながらも、日本の若手精鋭たちを起用して日本の現代を表現している。ゲストにファラオ・サンダースの息子トモキ・サンダースほか。(誠)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ピースフル・ウィンド
  • 02. ソング・フォー・ユニティ feat.トモキ・サンダース
  • 03. ミッション
  • 04. エインシャント・フューチャー
  • 05. ウィ・アー・ワン feat.ナヴァーシャ・デイヤ
  • 06. ラヴ・ライト feat.ナヴァーシャ・デイヤ
  • 07. チルドレン・オブ・ピース
  • 08. ライジング
  • 09. エクストラ・フリーダム

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

KYOTO JAZZ SEXTETに関連する商品・チケット情報

クラブ/テクノ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品