CD 輸入盤

Sometime In New York City

John Lennon & Yoko Ono (ジョン・レノン&オノ・ヨーコ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
93850
組み枚数
:
2
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1972
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Adam Ippolito(Keyboards),  Adam Ippolito(Organ),  Adam Ippolito(Piano),  Alan White(Drums),  Aynsley Dunbar(Drums),  Billy Preston(Keyboards),  Bob Harris(Keyboards),  Bob Harris(Vocals),  Bobby Keys(Saxophone),  Don Preston(Synthesizer),  Eric Clapton(Guitar),  Frank Zappa(Guitar),  Frank Zappa(Vocals),  Gary VanScyoc(Bass),  George Harrison(Guitar),  Howard Kaylan(Vocals),  Ian Underwood(Keyboards),  Ian Underwood(Vocals),  Jim Keltner(Drums),  Jim Keltner(Percussion),  Jim Pons(Bass),  Jim Pons(Vocals),  John Labosca(Piano),  John Lennon(Guitar),  John Lennon(Guitar),  John Lennon(Keyboards),  John Lennon(Keyboards),  John Lennon(Vocals),  John Lennon(Vocals),  Keith Moon(Drums),  Klaus Voormann(Bass),  Mark Volman(Vocals),  Nicky Hopkins(Keyboards),  Rick Frank(Drums),  Rick Frank(Percussion),  Stan Bronstein(Flute),  Stan Bronstein(Saxophone),  Wayne "Tex" Gabriel(Guitar),  Yoko Ono(Drums),  Yoko Ono(Vocals),  Ian Underwood(Wind),  John Lennon(Slide Guitar),  John Lennon(Slide Guitar),  Don Preston(Moog Synthesizer),  John Lennon(National Steel Guitar),  John Lennon(National Steel Guitar),  Barry Keene(Engineer),  Dan Turbeville(Engineer),  Frank Zappa(Producer),  John Lennon(Arranger),  John Lennon(Arranger),  John Lennon(Producer),  John Lennon(Producer),  Phil Spector(Producer),  Roy Cicala(Engineer),  Yoko Ono(Arranger),  Yoko Ono(Producer),  Adam Ippolito(Group Member),  Elephants Memory(Performer),  Gary VanScyoc(Group Member),  Invisible Strings(Performer),  John Labosca(Group Member),  John Lennon(Performer),  John Lennon(Performer),  Michael Gross(Design),  Michael Gross(Design),  Plastic Ono Band(Performer),  Rick Frank(Group Member),  Ron Frangipane(Orchestra),  Ron Frangipane(Orchestration),  Ron Frangipane(String Arrangements),  Stan Bronstein(Group Member),  Wayne "Tex" Gabriel(Group Member),  Allan Steckler(Cover Art),  Invisible Strings(Band),  Jack Douglas(Technician),  John Lennon(Concept),  John Lennon(Concept),  Yoko Ono(Concept),  Allan Steckler(Realization),  Frank Zappa(Dialogue),  Howard Kaylan(Dialogue),  Mark Volman(Dialogue),  Plastic Ono Band,  Mothers Of Invention

商品説明

ニュー・ヨークで生活を始めたジョン・レノン。よりメッセージ性を強固にした2枚組充実作(1972年発表)。シングルになった”女は世界の奴隷か!”などを収録。中には珍しくアイリッシュ・ルーツを打ち出した楽曲もあり興味深い。LP時代にはC面だった楽曲はジョージ・ハリスンやエリック・クラプトンとの、またD面はフランク・ザッパとの共演によるライヴ録音。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Woman Is the Nigger of the World (05:17)
  • 02. Sisters, O Sisters (03:48)
  • 03. Attica State (02:57)
  • 04. Born in a Prison (04:05)
  • 05. New York City (04:32)
  • 06. Sunday Bloody Sunday (05:03)
  • 07. Luck of the Irish (02:59)
  • 08. John Sinclair (03:30)
  • 09. Angela (04:08)
  • 10. We're All Water (07:13)

ディスク   2

  • 01. Cold Turkey [Live] (08:35)
  • 02. Don't Worry Kyoko [Live] (16:00)
  • 03. Well (Baby Please Don't Go) [Live] (04:41)
  • 04. Jamrag [Live] (05:36)
  • 05. Scumbag [Live] (04:27)
  • 06. Au [Live] (08:04)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
前衛三部作を除けば、ジョンのアルバムの中...

投稿日:2011/03/07 (月)

前衛三部作を除けば、ジョンのアルバムの中では最大の失敗作でしょう。 ライブでのザッバとのジャムはヨーコの奇声がなければ、かなり聴きごたえのあるものになったはずですが、残念です。 再発の度に、曲を削ったり入れたりしてますが、それがこのアルバムの完成度を示していると思います。 はっきり言って駄作ですが、ファンにとってはマストアイテムです。 なぜなら、これもジョン・レノンだからです。

lovecat さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
追記。今回の紙ジャケわ、オリジナンルLP仕...

投稿日:2007/10/14 (日)

追記。今回の紙ジャケわ、オリジナンルLP仕様での発売みたいです。(HMVさん,正確な情報での表示お願いします!)・・・よって全品予約のはめに・・・・^^; 駄足ですが、Q:「ライヴジャムの曲が削られたと大騒ぎしている方々に聞いてみたいが、本当にカットされたあのメドレー曲が好きなんだろうか、と疑問に思う。」 A:私わ現存する中でわ、ジョンのライブのベスト1だと思っています。 ジョン&ヨーコに、瞬時に反応するマザーズの力量も含め、攻撃性と緊張感が最高のトラックです! このパフォーマンスを含めてこそ、当時のジョン&ヨ−

おじおじー さん | 大阪市 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
おじおじーさんのほぼ仰る通りですね。それ...

投稿日:2007/10/06 (土)

おじおじーさんのほぼ仰る通りですね。それに尚且つ2枚組でのリマスター化は当然の事、この金額での紙ジャケ再発するなら、ボーナス2曲の収録は不可欠。でも飽くまで発売されてみないと、分からないがね。

ABCXYZ さん | 東京湾の埋め立て地 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Lennon & Yoko Ono

Few women in the history of rock & roll have stirred as much controversy as Yoko Ono. Although her romance with John Lennon was hardly the only factor straining the relationships between the individual Beatles, she made a convenient scapegoat for the group's breakup, and was repeatedly raked over the coals in the media for the influence she held over Lennon, both in his life and his music. Ono's o

プロフィール詳細へ

John Lennon & Yoko Onoに関連する商品情報

おすすめの商品