CD 輸入盤

Black Pearls

John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
352
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1958
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Art Taylor(Drums),  Donald Byrd(Trumpet),  John Coltrane(Sax (Tenor)),  Paul Chambers(Bass),  Red Garland(Piano),  Akira Taguchi(Producer),  Bob Weinstock(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Alan Yoshida(Mastering),  Ashley Kahn(Liner Notes),  Don Schlitten(Art Direction),  Don Schlitten(Design),  Joe Alper(Photography),  Michael Gold(Liner Notes),  Phil DeLancie(Mastering),  Rudy Van Gelder(Liner Notes),  Rudy Van Gelder(Remastering),  Bob Weinstock(Supervisor),  Evelyn Haddad(Assistant),  Larissa Collins(Assistant),  Nick Phillips(Reissue Producer),  Phil DeLancie(Digital Remastering),  Sam Gay(Creative Director),  Chris Clough(Reissue Production Assistance),  Rikka Arnold(Editorial),  Rudy Van Gelder(Author)

商品説明

As is often the case with an artist as prolific as John Coltrane, not every release can be considered as essential. Black Pearls seems a bit ambiguous when placed in a more historical context. It was only three days later that Coltrane participated not as a leader, but rather a member, of the Miles Davis Sextet that recorded Stella By Starlight and On Green Dolphin Street. There is an obvious disparity between these three mostly improvised and lengthy jams and the Davis session. This is in no way to insinuate that Coltrane's performance is anything less than par. Black Pearls indeed captures Coltrane at the height of perfecting the intense volley that would garner the name sheets of sound. Featuring Donald Byrd (trumpet) and the Red Garland Trio -- Garland (piano), Paul Chambers (bass), and Art Taylor (drums) -- this is the same quintet that had mightily contributed to Lush Life and The Believers, as well as The Last Trane. This session would be their last together. The title track is a mid-tempo bop number that quite frankly fails to make a great melodic impact. It's not until Coltrane's indomitable solo that a direction is found and, for a short while, remains focused. Once the reins are passed to Byrd, Garland, Chambers, and to a lesser extent Taylor, the song meanders through some fairly vapid changes. Fortunately, the soloing from Byrd is more direct and is able to build and support Coltrane's equally impressive display. The difference is immeasurable as no holds are barred from Garland or Taylor -- who is arguably at his prime. All told, this performance is well worth the price of admission. At 18-plus minutes, Sweet Sapphire Blues (penned by Prestige Records owner Robert Weinstock) is the longest track on Black Pearls. It is in essence a 12-bar blues jam. Coltrane's double- and triple-time solo is primal within this setting. The overemphatic backbeat allows for more group interaction, yielding a full and well-rounded union among the musicians that was sadly absent from the opening track. ~ Lindsay Planer, Rovi

収録曲   

  • 01. Black Pearls
  • 02. Lover Come Back To Me (07:28)
  • 03. Sweet Saphire Blues

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジョンコルトレーンが凄いのは分かっている...

投稿日:2010/03/04 (木)

ジョンコルトレーンが凄いのは分かっている。 だけどこのアルバムの最大の魅力はドナルドバードだ。 正直主役殺しじゃないかと思うぐらいのパッセージの速さと引き出しの多さ。 気を抜くとドナルドバードのリーダー作かと思ってしまうぐらい。 やっぱりメンバーが最高だね。ハードバップ黎明期の名作。

AssHole さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ドナルド・バード、チェンバース、ガーラン...

投稿日:2009/10/18 (日)

ドナルド・バード、チェンバース、ガーランド、アート・テイラーいい面子がそろっている。録音はヴァンゲルダー。コルトレーンは、シーツオブサウンドのプレリュードと言ったソロを聞かせる。しかし、演奏はその時代の演奏様式にあったもので、革新性は未だ聞かれない。コルトレーンのソロもジャイアント・ステップスに較べると完成度は落ちる。大化けする前のコルトレーンが聞ける貴重な一枚。コルトレーンは求道者のように一心不乱に吹いている。自己の限界はどこにあるか探しているようだ。また、この当時のドナルドバードの演奏はすばらしい。この時代のコルトレーンの演奏をあまり評価せず聞き逃していたが、聞いてみる価値があるかもしれない。

ngttshr さん | 熊本県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
初期のコルトレーンの『ソウルトレーン』『...

投稿日:2003/12/31 (水)

初期のコルトレーンの『ソウルトレーン』『ラッシュ・ライフ』などと肩を並べて人気があると言われる58年録音のクインテット演奏。表題作「ブラック・パールズ」は、「グット・ベイト」とならぶなかなかの名演とみた。

ケージ さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Coltrane

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ

プロフィール詳細へ

John Coltraneに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品