この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Ballads

John Coltrane (ジョン・コルトレーン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCI9001
組み枚数
:
1
:
日本
オリジナル盤発売年
:
1962
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ, リマスター
クレジット
:

Elvin Jones(Drums),  Jimmy Garrison(Bass),  John Coltrane(Sax (Soprano)),  John Coltrane(Sax (Tenor)),  McCoy Tyner(Piano),  Reggie Workman(Bass),  Bob Thiele(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Cameron Mizell(Production Coordination),  Chuck Stewart(Photography),  Elvin Jones(Group Member),  Gene Lees(Liner Notes),  Hollis King(Art Direction),  Jim Marshall(Cover Photo),  Jim Marshall(Photography),  Jimmy Garrison(Group Member),  John Coltrane(Group Member),  John Coltrane Quartet(Performer),  McCoy Tyner(Group Member),  Robert Flynn(Cover Design),  Todd Whitelock(Mastering),  Erick Labson(Digital Remastering),  Isabelle Wong(Package Design),  Jason Claiborne(Graphic Design),  Jeff Adamoff(Cover Art),  Michael Cuscuna(Reissue Producer),  Bill Levenson(Reissue Supervisor),  Joe Lebow(Liner Design)

商品説明

Throughout John Coltrane's discography there are a handful of decisive and controversial albums that split his listening camp into factions. Generally, these occur in his later-period works such as Om and Ascension, which push into some pretty heady blowing. As a contrast, Ballads is often criticized as too easy and as too much of a compromise between Coltrane and Impulse! (the two had just entered into the first year of label representation). Seen as an answer to critics who found his work complicated with too many notes and too thin a concept, Ballads has even been accused of being a record that Coltrane didn't want to make. These conspiracy theories (and there are more) really just get in the way of enjoying a perfectly fine album of Coltrane doing what he always did -- exploring new avenues and modes in an inexhaustible search for personal and artistic enlightenment. With Ballads he looks into the warmer side of things, a path he would take with both Johnny Hartman (on John Coltrane & Johnny Hartman) and with Duke Ellington (on Duke Ellington and John Coltrane). Here he lays out for McCoy Tyner mostly, and the results positively shimmer at times. He's not aggressive, and he's not outwardly. Instead he's introspective and at times even predictable, but that is precisely Ballads' draw. ~ Sam Samuelson, Rovi

内容詳細

ジャズ・テナー・サックス奏者の最高峰ともいわれるジョン・コルトレーンが、絶妙なムードを醸し出す究極のバラード・アルバム。60年代の名演奏を収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
私も旅行豚氏と同じく外周側のプチプチノイ...

投稿日:2008/05/05 (月)

私も旅行豚氏と同じく外周側のプチプチノイズの多さにびっくり、洗剤で洗ったり木工ボンドパックいろいろためしましたが音源によるもののようですね。私のは針飛びしない程度の反りもありました(^^;

奈良のカズ さん | 奈良県 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
もともとCD版を所有しており、レコードで...

投稿日:2008/03/10 (月)

もともとCD版を所有しており、レコードでも聞いてみたくなって今回LPを購入しましたが…レーベルがかなりめくれていて不安はあったものの、まあ輸入版だしと針を落とした途端ザザーとノイズ。何かマズッたかと盤をよく見るとあちこちに窪みや凹みがあり、反りこそ無いもののケバがかなり目立つ状態。余程材質が悪いのかプレス元がダメなのか。全体がノイズだらけで正直これを商品として出荷するメーカーの気が知れません。同時購入の「Giant Steps」は良かっただけにがっかりしています。まさかこの作品にこんな評価をすることになろうとは。

旅行豚 さん | 宮城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
”They Say It’s Wonderful” この1曲(...

投稿日:2007/07/01 (日)

”They Say It’s Wonderful” この1曲(3分5秒)のためにこのCDを買いました。 それほど、すばらしい演奏です。 ColtraneとMcCoyのDuo シンプルで深い。 新しい発見です。

coltrane oh-no さん | 太地 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

John Coltrane

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ

プロフィール詳細へ

John Coltraneに関連する商品・チケット情報

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品