この商品に関連するタグ

CD

At The Organ: Vol.1

Jimmy Smith (ジミー・スミス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCJ6571
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 24ビット, リマスター

商品説明

オルガン・マラソン・セッションを収録した2枚の作品は、1957年2月12〜13日に録音された。なんと言っても、Vol.1では“サマータイム”でのルー・ドナルドソンとの密着した演奏が聴きモノ。ケニー・バレル、アート・ブレイキーが加わってさらに興奮が高まる。

内容詳細

初期のリーダー作の1枚。1957年2月に3日間連続で行なわれたセッションのひとつで、本作にはブレイキーが参加。ケニー・バレルとのデュオ「サマータイム」とカルテット演奏の両方が聴けるバラエティに富んだ作品。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jimmy Smith

Jimmy Smith wasn't the first organ player in jazz, but no one had a greater influence with the instrument than he did; Smith coaxed a rich, grooving tone from the Hammond B-3, and his sound and style made him a top instrumentalist in the 1950s and '60s, while a number of rock and R&B keyboardists would learn valuable lessons from Smith's example.James Oscar Smith was born in Norristown, Pennsylvan

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品