DVD 輸入盤

Taking A Chance On Love : In Concert

Jane Monheit (ジェーン・モンハイト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SVD58847
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
DVD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

収録曲   

  • 01. Opening Credit
  • 02. Honeysuckle Rose
  • 03. In The Still Of The Night
  • 04. I Should Care
  • 05. Why Can't You Behave?
  • 06. Bill
  • 07. I Won't Dance
  • 08. Embraceable You
  • 09. Intermission Feature
  • 10. Band Improvisation
  • 11. Jane Monheit Interview
  • 12. Dancing in the Dark
  • 13. Taking a Chance on Love
  • 14. Águas de Março (Waters of March)
  • 15. Closing Credits

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
美声のエンジェルのパフォーマンスが充分堪...

投稿日:2008/12/03 (水)

美声のエンジェルのパフォーマンスが充分堪能できる。バックの演奏も力強く強力にサポート。そして音質はDVDとしては最高レベルか。唯一の欠点として絵が4:3のLB仕様であることが残念。

muse8733 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
永くジャズを聴いているが、冒頭の楽曲から...

投稿日:2008/11/02 (日)

永くジャズを聴いているが、冒頭の楽曲から、久しぶりに「酒の進む」ヴォーカルに出遭って夜な夜な一気に観てしまった。D.Krall,C.Wilson,D.Reeves,P.Austin,N.Wilson,等を近年聴いてきてそれなりに良かったが、どちらかというと、彼女らは低音で、男っぽく本当に愉しめなかった。 Janeはその高音が美しく艶やかで、癖が少なくとても心地よい。ジャズ&往年のスタンダードとは何かを良く知っている。 軟弱とか化粧が濃いとか色々言っている方がいますが、芸術の尺度は感動(感性に訴える)ではないですか? 幸せな気分にしてくれた、Janeに感謝です。

jinrhyme240 さん | 多摩の田舎 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jane Monheit

1977年11月3日、ニューヨーク州ロング・アイランドのオークデイル生まれ。 高校に入ると、クラリネットと音楽理論を学びながら、地元のジャズ・クラブで歌い始める。 17歳になると、マンハッタンに転居、ジャズ教育の名門マンハッタン音楽院に入学。 00年に『マイ・フーリッシュ・ハート(原題はNever Never Land)』でデ

プロフィール詳細へ

Jane Monheitに関連する商品情報

  • 妖艶なる歌姫ジェーン・モンハイトがエラ・フィッツジェラルドを歌う 世界が注目する21世紀のジャズ・ディーヴァ、ジェーン・モンハイトがエラ・フィッツジェラルドの愛唱歌を採り上げた新作スタンダード・アルバム。独自のサウンドを追究し続けるNYトランぺッター、ニコラス・ペイトンをプロデューサーに招聘。スモーキーなアレンジでジェーンの新たな魅了を引き出している。 HMV&BOOKS online|2016年3月9日(水)

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品