CD 輸入盤

One Man Dog

James Taylor (ジェイムス・テイラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7599.25933
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1972
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Abigale Haness(Vocals),  Alex Taylor(Vocals),  Art Baron(Trombone),  Barry Rogers(Trombone),  Bobbye Hall(Percussion),  Carly Simon(Vocals),  Carole King(Piano),  Carole King(Vocals),  Craig Doerge(Keyboards),  Craig Doerge(Piano),  Craig Doerge(Piano (Electric)),  Danny Kortchmar(Guitar),  Danny Kortchmar(Guitar (Acoustic)),  Danny Kortchmar(Guitar (Electric)),  George Bohannon(Trombone),  Hugh Taylor(Vocals),  James Taylor(Guitar),  James Taylor(Guitar (Acoustic)),  James Taylor(Guitar (Electric)),  James Taylor(Vocals),  John Hartford(Violin),  John Mclaughlin(Guitar),  John Mclaughlin(Guitar (Acoustic)),  Kate Taylor(Vocals),  Leland Sklar(Bass),  Leland Sklar(Guitar),  Linda Ronstadt(Vocals),  Michael Brecker(Flute),  Michael Brecker(Sax (Soprano)),  Michael Brecker(Sax (Tenor)),  Michael Brecker(Saxophone),  Peter Asher(Vocals),  Randy Brecker(Sax (Tenor)),  Randy Brecker(Trumpet),  Red Rhodes(Guitar (Steel)),  Russ Kunkel(Drums),  Abigale Haness(Vocals (Background)),  Alex Taylor(Vocals (Background)),  Art Baran(Trombone (Bass)),  Bobbye Hall(Bells),  Bobbye Hall(Bongos),  Bobbye Hall(Conga),  Bobbye Hall(Tambourine),  Carly Simon(Vocals (Background)),  Carole King(Vocals (Background)),  Danny Kortchmar(Timbales),  Dash Crofts(Mandolin),  Hugh Taylor(Vocals (Background)),  James Taylor(Harmonica),  James Taylor(Vocals (Background)),  John Hartford(Banjo),  John Hartford(Fiddle),  Kate Taylor(Vocals (Background)),  Linda Ronstadt(Vocals (Background)),  Mark Paletier(Sound Effects),  Ms. Bobbye Hall(Conga),  Ms. Bobbye Hall(Tambourine),  Randy Brecker(Flugelhorn),  Russ Kunkel(Conga),  Russ Kunkel(Tambourine),  Bobbye Hall(Shaker),  James Taylor(Autoharp),  Mark Paletier(Saw),  Peter Asher(Guiro),  Randy Brecker(Piccolo Trumpet),  Russ Kunkel(Cabasa),  Leland Sklar(Guitarron),  Peter Asher(Engineer),  Peter Asher(Producer),  Phil Ramone(Engineer),  Robert Appere(Engineer),  Bernie Grundman(Mastering),  Ed Thrasher(Art Direction),  Peter Simon(Photography),  Richie Blakin(Assistant Engineer),  Robert Appere(Mixing),  Russ Kunkel

商品説明

JTの自宅での雰囲気良い録音など含む1972年の人気作! 裏ジャケのセッション風景はJTファン、SSWファン永遠の憧れ。サウンド的には前2作よりややルーズなグルーヴが印象的。ドラムの役割より、コンガ等のパーカッション類と他楽器との絡みで流れるようなグルーヴ感を作り出してる。高品位サウンドとM1に代表されるメロウなムードは後のシティ派AORに繋がるもの。JTのギターの録音にも変化が。『スウィート〜』で前面に出ていたファットな音色は前作でバンドの一部となり、本作ではより徹底して控えめな印象を残すものとなった。M8は彼の代表曲の一つにもなった名曲。間奏のマイケル・ブレッカーのアルト・サックスが名演! レオン・ラッセル「ソング・フォー・ユー」的な展開のメロ部分、奥歯を噛み締めたくなるような哀愁が堪らない。

収録曲   

  • 01. One Man Parade - (with Carole King & Carly Simon)
  • 02. Nobody But You
  • 03. Chili Dog
  • 04. Fool For You
  • 05. Instrumental I
  • 06. New Tune
  • 07. Back On The Street Again
  • 08. Don't Let Me Be Lonely Tonight
  • 09. Woh, Don't You Know
  • 10. One Morning In May - (with Linda Ronstadt)
  • 11. Instrumental II
  • 12. Someone
  • 13. Hymn
  • 14. Fanfare
  • 15. Little David
  • 16. Mescalito
  • 17. Dance
  • 18. Jig

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジェイムス・テイラーの最高作と評したい。...

投稿日:2012/03/31 (土)

ジェイムス・テイラーの最高作と評したい。最高傑作と書かないのは、一つ一つの曲ではほかのアルバムのキャッチーな曲に及ばないし、最高傑作と断言したのでは、いかにも個人レベルの好みに終わっているように受け取られるのがもったいないからだ。このアルバムは非常に短い曲がいっぱい入っていて、セクションがバッキングをしているのもあれば名うてのスタジオミュージシャンが仕事をしている曲もあったり、バラエティに富んでいる。しかし、そのいろいろな曲が、意識的なのか、奇跡的なのかわからないが、見事な統一感を持って「羅列」されているのだ。ポップスの歴史でもまれにみる曲の並び方だと思う。その上、アコースティック楽器の音色がひたすら格調高く、確かな技術に裏付けされたサウンド的にも大推薦盤だ。

のんじょんれ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
山崎まさよしの「明日の風」のPVを 見て...

投稿日:2000/08/03 (木)

山崎まさよしの「明日の風」のPVを 見ていて、ふと頭を過ぎったのがこの 作品。お互いを尊敬しあうミュージシャン シップ。信頼感から生まれる安らぎ。 簡単に癒されすぎに現代人に。

ろびー さん | 横須賀市 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

James Taylor

最近ではユーモアを交えた気さくな雰囲気でライヴをこなすイメージとなったジェイムス・テイラーだが、そのデビュー時にはあまりに壊れやすい感受性を感じさせる歌声を持つ無口な青年というイメージの似合うアーティストだった。

プロフィール詳細へ

James Taylorに関連する商品情報

  • ジェイムス・テイラー13年ぶりのスタジオ・アルバム! ヨーヨー・マ、スティングも友情参加!カバー曲1曲を除き本編9曲は全てテイラーの書き下ろしの新曲。国内盤はボーナス・トラックも収録予定!収録曲「Angels of Fenway」の音源公開中! HMV&BOOKS online|2015年5月14日(木)
  • ジェイムス・テイラー、76年ライブ! ジェイムス・テイラーが1976年、ピッツバーグのシリアモスクにて行ったパフォーマンスを収録したライブアルバムをリリース!FM放送用に録音した音源を仕様。 HMV&BOOKS online|2014年11月25日(火)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品