CD 輸入盤

Reroute To Remain

In Flames (イン・フレイムス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PARK9019
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

Could this actually be European death metal's bid for a pop culture coup? In Flames already has a reputation as one of the best, most melodic death metal bands to come to power in the Euro-metal regime that has swept through countries like Sweden and Norway since the early to mid-'90s. However, with Reroute to Remain, Stromblad and the gang have now unexpectedly announced that they are also undoubtedly the most experimental of their brethren, and furthermore, that they have set their sights not just on broader horizons, but perhaps even complete world domination as well. Maybe that sounds like a huge exaggeration, but even one spin of the 14 songs here will prove that it very possibly may not be. It's obvious that the band has been listening heavily to the popular American metal (nu-metal, rap-metal, etc.) acts of the moment, because most of their venturing heads in that direction; in fact, it's almost as if catchy American-sounding choruses and certain nu-metal attributes have been added to the intense, throttling mixture of the band's already memorable songcraft. Dark Signs, Minus, and the title track each contain choruses that could have easily come from bands like Linkin Park or Papa Roach. Actually, most of the songs share these traits, but those aren't the only changes in approach. There is also the laid-back, Incubus-like electronica of the verses in Dawn of a New Day (arguably the album's best song), the short bursts of hip-hop-style beat sampling in Trigger, and Metaphor, which, at times, almost sounds -- well, country. As usual, the highly melodic songwriting and Master of Puppets-era riffage In Flames is known for are intact and remain unspoiled despite the many additions. This isn't to say that all of the band's experiments work; there are a few that just simply don't. Still, it's surprising how flawlessly and harmoniously most of the new qualities behave with the old; none of the experimentations ever really come off as forced or thrown together. Nothing here is ever so far removed from Colony or Clayman as to give the impression that the band is suddenly trying to be something it is not. Reroute to Remain is the kind of album that will attract many new fans and give the band a wider range of appeal without sacrificing or alienating its core fan base and the people that have been behind the group for years. Is it the kind of album that will break In Flames through to mainstream metal audiences caught in America's musical vacuum? Is it the kind of album that will help rain swarms of Euro-metal bands down upon U.S. shores to topple their melodically challenged American counterparts and take control of the airwaves? Only time will tell. ~ Matthias Sheaks, All Music Guide

収録曲   

  • 01. Reroute to Remain (03:51)
  • 02. System (03:38)
  • 03. Drifter (03:10)
  • 04. Trigger (04:58)
  • 05. Cloud Connected (03:40)
  • 06. Transparent (04:01)
  • 07. Dawn of a New Day (03:41)
  • 08. Egonomic (02:35)
  • 09. Minus (03:44)
  • 10. Dismiss the Cynics (03:38)
  • 11. Free Fall (03:58)
  • 12. Dark Signs (03:18)
  • 13. Metaphor
  • 14. Black & White (03:33)
  • 15. Colony (Live)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
38
★
★
★
★
☆
 
15
★
★
★
☆
☆
 
7
★
★
☆
☆
☆
 
4
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
SLIP KNOTばりの超重低音が聞けるが、それ...

投稿日:2012/04/10 (火)

SLIP KNOTばりの超重低音が聞けるが、それ以外はIN FLAMAS節。いい方向に働いてるよ。リマスターで改めて聴いてもなかなかいいね。

JOHANSSON BROTHERS さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ノットに影響を受けたとか、曲調が変わった...

投稿日:2008/05/25 (日)

ノットに影響を受けたとか、曲調が変わったって言うことを聞いていたのでこのアルバム以降から敬遠していたんですが、偶然Dark Signs を聞く機会があって聞いてみるとビックリ!ぜんぜん聞けますね(笑)確かにヘビーな曲もあるけど全体的にインフレイムス節は出ていると思うので良いと思います。3と12なんかは昔を彷彿とさせるメロディがあるし、EmbodyInvisibleがきけるなら絶対に好きだと思います。 個人的にはこのアルバムはノットのようなただ重いだけのバンドと一緒にされるようなアルバムとはちゃうんじゃ!と言いたいです。。。

メロデスラー666号 さん | 大阪 | 不明

0
★
★
★
★
★
colony、claymanのようなギタメロを期待して買...

投稿日:2006/09/11 (月)

colony、claymanのようなギタメロを期待して買うと肩透かしにあうかもしれないが、私は好きですね、このアルバム。(基本、メタルは何でも好きなので)確かに今までのような叙情的ギタメロによる疾走感は薄れたが、その分キャッチーさが増した。メロデス初心者にもお勧めできると思います。triggerは後期のInflamesを象徴する名曲。

アニマルタメ さん | 下町 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

In Flames

After leaving Ceremonial Oath to form In Flames, founding member and guitarist Jesper Stromblad saw this project as a way of expressing his songwriting creativity rather than being stuck in the background. With the added influences of Iron Maiden and Black Sabbath, along with his own touch of aggressive metal that overwhelmed his home country of Sweden, Wrong Again Records took notice and released

プロフィール詳細へ

In Flamesに関連する商品情報

  • メロディック・デスメタルの鬼神イン・フレイムス新作 KNOTFEST JAPAN 2016出演も決まったスウェーデンが誇るメロディック・デスメタル鬼神バンド、イン・フレイムス。確実な進化と飛躍を遂げた12枚目の最新アルバム『Battles』がいよいよ登場。 HMV&BOOKS online|2016年11月15日(火)
  • IN FLAMES 新作発売決定! KNOT FESTで来日を果たす IN FLAMES の約3年振り、11作目となる最新作『Siren Charms』国内盤9/10発売!ボーナストラック収録予定! HMV&BOOKS online|2014年6月25日(水)

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

  • AMORPHIS 最新作 日本先行発売! AMORPHIS の通算13作目となる新作『QUEEN OF TIME』5月16日 日本先行発売。本作より初代ベーシストで現 BARREN EARTH のメンバーでもあるオーリ=ペッカ・ライネが復帰。通常盤とTシャツ付き限定盤の2種リリース。 HMV&BOOKS online|3日前
  • リッチー・ブラックモアズ・レインボー 最新ライヴ作品 リッチー・ブラックモアズ・レインボーが2017年6月にイギリスで行った3公演を収録した『メモリーズ・イン・ロックII〜ライヴ・イン・イングランド2017』4月4日日本先行発売。日本盤ボーナスディスク付き。1000セット限定Tシャツ付きセットも発売。 HMV&BOOKS online|5日前
  • AYREON ベストライヴが作品化! アルイエン・アンソニー・ルカッセンが主宰する、ロック・オペラ・プロジェクト AYREON が2017年9月に行ったライヴ・パフォーマンスが映像/音楽作品化。16人のヴォーカリストが参加し、全28曲2時間以上のパフォーマンスを収録。 HMV&BOOKS online|5日前
  • KILLER DWARFS 最新ライヴ! 1981年結成のカナダのベテラン・ハードロック・バンド、KILLER DWARFS の最新ライヴアルバム。2016年11月にオタワ、バンクーバー、トロント等で録音されたライヴ音源を収録。 HMV&BOOKS online|5日前
  • BLACK SALVATION 2nd! HIGH ROLLER RECからアルバムをリリースしているスラッシュメタル・バンド、DIVISION SPEED や、解散してしまったスウェーデンの IN SOLITUDE のメンバーらが在籍するドイツのサイケ/ドゥームメタル・バンドの2ndアルバム。 HMV&BOOKS online|5日前
  • VISIONS OF ATLANTIS 日本盤! 実力派女性ヴォーカリスト、レモンティーヌ・ドロネー加入後初のフルアルバムとなる VISIONS OF ATLANTIS の新作日本盤 3月28日発売。日本盤ボートラ収録。ライナーにはクレモンティーヌのインタビューを掲載。 HMV&BOOKS online|6日前

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品