CD

Puro Sentimiento

Hugo Fattoruso / Rey Tambor (ウーゴ ファットルーソ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BNSCD764
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
デジパック

商品説明

カンドンベの魔術師、ウーゴ・ファットルーソが到達した新たな境地

本作は前作「エモティーボ(BNSCD-744)」に続くレイ・タンボール名義での3作目。ウルグアイの老舗レーベルSONDORよりリリースされた本作も、エドゥアルド・マテオやルベン・ラダ、ハイメ・ルース、ガーシュイン兄弟などの楽曲が、低、中、高音のビートによって持続的に繰り出される、忙しなく、なのにとても温かみのあるパーカッションをバックに、ウーゴのジャジーでスムースでラティーノなピアノによって甦っています。もちろん、自作曲も素晴らしく、5曲目の「Tu Vida Y La Mia」ではアコーディオンを駆使したタンゴテイストの名曲を披露。朗々と唄い上げるウーゴの素朴なヴォーカルがまた堪らないです。また彼の弟で、トリオ・ファットルーソのメンバーでもあるオズバルド・ファットルーソとの共作である6曲目「yapa:GOLDENWINGS」は、シンセを強調したトリッキーなフュージョン・トラックで絶句モノ。更に続く7、8曲目の流れは絶え間ないビートの上をひたすら美しいウーゴのピアノが。そしてラスト・トラック、ブラジルはミナスの巨匠ミルトン・ナシメントや盟友エドゥアルド・マテオの名がクレジットされた美しすぎるメドレーによるエンディングで本作は幕を下ろします。

※カンドンベ・・・大・中・小3種類の太鼓(タンボール)が、それぞれ低音、中音、高音を表し、それらの音が重なり合うサウンドによって構成されるウルグアイ特有のリズム。植民地時代にウルグアイに連れてこられたアフリカの黒人たちが持ち込んだリズムが起源とされている。

内容詳細

ブラジルや日本のクリエイターたちからも人気の、ウルグアイの才人ピアニスト/シンガー。そのアルバムは、ウルグアイの土着打楽器集団との3作目となる共演作。自作曲からスタンダードまでを自在に取り上げつつ、地に足をつけつつ四方八方に広がる自在の表現をあっさり展開。(英)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. NOMBRE DE BIENES
  • 02. SOLO HE DE QUEDAR
  • 03. HABIA UNA VEZ
  • 04. HERMANO TE ESTOY HABLANDO
  • 05. TU VIDA Y LA MIA
  • 06. yapa: GOLDENWING
  • 07. S WONDERFUL - RAPSODY IN BLUE
  • 08. CANDOMBES DEL AYER
  • 09. VIROU NAVIO - NOS BAILES DE VIDA - DE MI PUEBLO - CUERDA ANSINA

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ラテン に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド