この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Jody Grind

Horace Silver  (ホレス・シルヴァー)

Ponta2倍

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
84250
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1966
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Horace Silver(Piano),  James Spaulding(Flute),  James Spaulding(Sax (Alto)),  Larry Ridley(Bass),  Roger Humphries(Drums),  Tyrone Washington(Sax (Tenor)),  Woody Shaw(Trumpet),  Alfred Lion(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Francis Wolff(Liner Notes),  Leonard Feather(Liner Notes),  Reid Miles(Design),  Reid Miles(Photography),  Takao Ogawa(Translation)

商品説明

Following the subtly modern bent of much of The Cape Verdean Blues, Horace Silver recommitted himself to his trademark funky jazz sound on The Jody Grind. Yet he also consciously chose to keep a superbly advanced front line, with players like trumpeter Woody Shaw (retained from the Cape Verdean session), altoist/flutist James Spaulding, and tenor saxophonist Tyrone Washington. Thus, of all Silver's groove-centered records, The Jody Grind winds up as possibly the most challenging. It's also one of the most underappreciated; Silver's piano playing is at its rhythmic, funky best throughout, brimming over with confidence and good cheer, and evoking memories of the classic feel of his early-'60s quintet. His compositions have a similarly bright overtone, which (as the liner notes allude to) was becoming increasingly rare in mid-'60s jazz as the fury of the avant-garde and the Civil Rights upheaval began to seep into jazz's wider consciousness. The title cut is a playful, overlooked classic on the funky side of hard bop; Silver kicks it with a tasty groove, giving the rest of the musicians plenty to play off of. The whole group absolutely burns through Grease Piece, a terrific hard swinger full of smoking solo statements from just about everyone on down to drum whiz Roger Humphries. Really, the whole album is packed with great grooves and tight solos, epitomizing the best virtues of Silver's music. For those who have digested classics like Song for My Father, Blowin' the Blues Away, and Finger Poppin', The Jody Grind is one of the best places to go next. ~ Steve Huey, Rovi

収録曲   

  • 01. Jody Grind, The (05:53)
  • 02. Mary Lou (07:12)
  • 03. Mexican Hip Dance (05:56)
  • 04. Blue Silver (06:00)
  • 05. Grease Piece (07:34)
  • 06. Dimples (07:18)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これ、面白いですよ〜! タイトル曲もキャ...

投稿日:2008/03/12 (水)

これ、面白いですよ〜! タイトル曲もキャッチーですが、リズムが目まぐるしく変わるBや個人のソロが熱いD、そしてモーダルなAと聴き所満載です。tpのウッディ・ショウ最高です!前作「ケープ・バーディン〜」とこの後の「セレナーデ・トゥ〜」に挟まれ、フザけたジャケゆえに日の目を見ない1枚ですが、今ではこのジャケでよく思えてきました(笑)ヒッピーなホレス・サウンドをどうぞ!!

ルーホレハバレー さん | 明石市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Horace Silver

From the perspective of the 21st century, it is clear that few jazz musicians had a greater impact on the contemporary mainstream than Horace Silver. The hard bop style that Silver pioneered in the '50s is now dominant, played not only by holdovers from an earlier generation, but also by fuzzy-cheeked musicians who had yet to be born when the music fell out of critical favor in the '60s and '70s.

プロフィール詳細へ

この人物・団体の別の商品

Horace Silverに関連する商品・チケット情報

  • 【追悼】 ホレス・シルヴァー ファンキーなプレイスタイルでブルーノートに数多くの名演を残したジャズ・ピアニスト、ホレス・シルヴァーが、6月18日ニューヨーク州ニューロシェル市の自宅で死去しました。享年85。心からご冥福をお祈りいたします。生前親交のあった行方均さん、そしてブルーノートの数多くのコンピを手掛けた橋本徹さんから追悼文をご寄稿いただき、また中平穂積さんからもホレスの素晴らしいお写真をご提供いただきました。 ローチケHMV|2014年6月27日(金)
  • SOLARからホレスのガッツ溢れる初出音源! バードランド(インフォによれば”恐らく”だそうです)におけるホレス・シルヴァー1953年9月14日のギグ初出音源。ブレイキー、ドーハム、ルードナらワンホーン・カルテットによる最高のパフォーマンスを! ローチケHMV|2014年3月6日(木)

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

  • \絶賛発売中!/ 1968年のビル・エヴァンス・トリオ幻のスタジオ録音 1968年6月20日、モントルー・ジャズ祭出演の5日後にエヴァンス、ゴメス、ディジョネットがMPSスタジオで繰り広げたレコーディング・セッション。本トリオ唯一となるスタジオ録音がResonance社より遂に陽の目を見ます!輸入盤2CD、国内仕様盤2CDの2形態。 ローチケHMV|8時間前
  • ペトルチアーニ 稀少デビュー盤がデッドストック最終入荷 1999年36歳の若さで逝去した天才ピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニが1980年弱冠18歳の時に吹き込んだレアなデビューアルバム(ジャケはCD版のもの)がデッドストック最終入荷。兄ルイス(b)、アルド・ロマーノ(ds)とのトリオを基調に、5曲でマイク・ズウェリンのトロンボーンをフィーチャー。この機会をお見逃しなく! ローチケHMV|9時間前
  • 欧州ハードバップ金字塔!サヒブ・シハブ名盤『Sahib's Jazz Party』がCD&LPで再登場 サヒブ・シハブ1963年コペンハーゲンのジャズ・クラブ「モンマルトル」における実況録音。当時17歳のニルス・ヘニング・オルステッド・ペデルセンの神懸かり的な冒頭のウォーキング・ベースの重厚さ、オレ・モリンの絶妙なギターが弾け、サックスがブロウし、ツインドラムが躍動感たっぷりに駆け抜ける。欧州ハードバップの金字塔がCD&LPで再降臨。 ローチケHMV|9時間前
  • 仏の知る人ぞ知る実力派ピアニスト、ピエール・ボースフルグ激レア・トリオ盤 フランスの地方都市ナンシー出身の実力派ピアニスト、ピエール・ボースフルグが1993年に自身のピアノトリオを率いて吹き込んだ自主制作盤。クラシカルなタッチと自由なジャズのスピリットを融合させながら、抽象と抒情、壮大な宇宙と自身の内面の対比を巧みな表現力で描き出した逸品。限定入荷となります。 ローチケHMV|15時間前
  • 鬼才ジョン・サーマンの70年代傑作2タイトル20年ぶりCD復刻 60〜70年代に英国ジャズロック〜フリージャズ・シーンをリードし、近年はECM諸作でおなじみの鬼才ジョン・サーマン。英スピリチュアル・フリーの傑作とも称される全曲オーバーダブによるソロ作『Westering Home』(72年)と、ジョン・マーシャル(ds)、ジョン・テイラー(p)、テリエ・リピダル(g)らとのセッション録『Morning Glory』(73年)が20年ぶりにリイシュー! ローチケHMV|15時間前
  • Criss Cross 2016年5月のリリース シーマス・ブレイク&クリス・チークの名テナーコンビにイーサン・アイヴァーソン(p)らが加わったクインテット新作、ビリー・ハートも参加のルイ・ペルドモ新録、Opus 5でも活躍するNYファーストコール・ベーシスト、ボリス・コズロフの初リーダー作など3タイトル。 ローチケHMV|16時間前

おすすめの商品