CD 輸入盤

Betty

Helmet (ヘルメット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
92404
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Anton Pukshansky(Engineer),  Butch Vig(Producer),  Helmet(Producer),  John Siket(Engineer),  Martin Bisi(Engineer),  T-ray(Producer),  A.G. Gillis(Assistant Engineer),  Andy Wallace(Mixing),  Chris Albert(Assistant Engineer),  Chris Curran(Assistant Engineer),  Egbert VanAlstyne(Composer),  Haven Gillespie(Composer),  Howie Weinberg(Mastering),  Joe Hogan(Assistant Engineer),  Page Hamilton(Composer),  Page Hamilton(Composer),  Rich Piszker(Assistant Engineer),  Victor Young(Composer),  Wayne King(Composer),  Tami Levy(Project Coordinator),  Tom Whalley(A&R)

商品説明

前作の出世作『ミーンタイム』で90年代のヘヴィ・サウンドを提示したヘルメットが、1994年に発表したサード・アルバム。もうひとりのギタリスト、ピーター・メンジードが脱退し、ペイジ・ハミイルトン色がより強化されつつも、相変わらずのテクニカルなアンサンブルの絡み合いを見せる。ただジャケともども若干メジャーを意識したかのようなポップさも漂う。

収録曲   

  • 01. Wilma's Rainbow (03:53)
  • 02. I Know (03:41)
  • 03. Biscuits For Smut (02:53)
  • 04. Milquetoast (03:53)
  • 05. Tic (03:40)
  • 06. Rollo (02:38)
  • 07. Street Crab (03:31)
  • 08. Clean (02:26)
  • 09. Vaccination (03:04)
  • 10. Beautiful Love (02:03)
  • 11. Speechless (02:58)
  • 12. Silver Hawaiian, The (02:08)
  • 13. Overrated (02:40)
  • 14. Sam Hell (02:09)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
よく跳ねまくる乾いたドラムと、鉄のカーテ...

投稿日:2010/06/22 (火)

よく跳ねまくる乾いたドラムと、鉄のカーテンの如く硬質のギターリフ、さらに不協和音にも似たノイズが一体となって、脳内に浸食してくる。特にCの後半の怒涛のノイズ攻めったら!快感。他の曲はなんだかぼんやりとしか残らない気もするけど。

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
キャッチーとかポップとか言われてますが、...

投稿日:2009/07/05 (日)

キャッチーとかポップとか言われてますが、相変わらずドラムはすごい音出してるしノイズもご健在です。 ただやっぱりヘヴィさの薄れた曲も数曲あるけど、多彩になったという意味で文句なく傑作でしょう! ヘルメットの入り口にちょうどいいかも…?

sk さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
全作品のなかで最高作だと思う。 ヘッドバ...

投稿日:2008/03/01 (土)

全作品のなかで最高作だと思う。 ヘッドバンギング、ダイブ小僧にはキャッチー過ぎるかも。でも、ペイジハミルトンの「ハード+ノイズ+ポップ」だけでは語りきれない能力の高さが聴き取れる。最高だ。

セイント さん | 京都市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Helmet

Like many influential bands, Helmet were born out of an unusual set of influences. Oregon-born guitarist and founder Page Hamilton had actually moved to New York City to study jazz, but found inspiration in the late '80s through post-punk acts Sonic Youth, Killing Joke, and Big Black, and envisioned a group that combined then-unusual tunings (particularly dropped D) with uneven and jazz-like time

プロフィール詳細へ

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品