この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

With Clifford Brown

Helen Merrill (ヘレン・メリル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCU5004
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Barry Galbraith(Guitar),  Clifford Brown(Trumpet),  Danny Bank(Flute),  Danny Bank(Sax (Baritone)),  Hank Jones(Piano),  Helen Merrill(Vocals),  Jimmy Jones(Piano),  Milt Hinton(Bass),  Osie Johnson(Drums),  Sol Gubin(Drums),  Danny Bank(Clarinet (Bass)),  Bob Shad(Producer),  Hal Mooney(Arranger),  Quincy Jones(Arranger),  Clifford Brown(Performer),  Hal Mooney(Conductor),  Helen Merrill(Performer),  Quincy Jones(Conductor),  Yozo Iwanami(Liner Notes),  Guildhall String Ensemble

商品説明

Though she eventually came to be known as a singer's singer, Helen Merrill's 1954 debut is an unmitigated success of mainstream jazz. Besides introducing the uniquely talented young singer, the date also featured small-group arrangements by Quincy Jones and marks the introduction of another future star, trumpeter Clifford Brown. Formidable as his playing is, Brown never overshadows Merrill. She is fully up to the challenge on all fronts and enthusiastically tackles uptempo numbers such as You'd Be So Nice to Come Home To and Falling in Love with Love with aplomb. A winning stylistic combination of cool jazz and hard bop, Merrill particularly excels on Mel Torme's Born to Be Blue, making the sophisticated tune her own as she revels in Torme's down-and-out lyric. ~ Richard Mortifoglio, Rovi

内容詳細

クインシーが編曲、指揮を担当し、天才クリフォード・ブラウンの縦横無尽なトランペットが加わるという豪華な1枚。メリルのハスキー・ヴォイスによって名スタンダードの数々が歌われている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 彼女の名前も曲も知らないくせに、ジャケ...

投稿日:2015/01/19 (月)

 彼女の名前も曲も知らないくせに、ジャケット見て即座に「これはいいに違いない」と購入。とにかくいい曲と歌声、それを支えるC.ブラウンらの好演、三拍子揃った名盤をジャケ買いで入手した自分に拍手したいくらいに良い。「女声ジャズヴォーカルとはこのような声と歌い方をいうのだ」、と私が勝手にイメージしたままの歌唱にノックアウト。  どのくらい希少なのかもわかりませんが、見つけたらすぐ入手することをお勧めしたい。

うーつん さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
アルバムは1954年の録音でヘレン・メリルの...

投稿日:2013/03/05 (火)

アルバムは1954年の録音でヘレン・メリルの代表作。共演者はトランペットがクリフォード・ブラウン、ピアノがジミー・ジョーンズ、ギターがバリー・ガルブレイス、アレンジがクインシー・ジョーンズほか大勢。演目の「You’d Be So Nice To Come Home To」の名唄は永遠に不滅で後世にも残る傑作。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
Perfect singer ...!

投稿日:2013/01/26 (土)

Perfect singer ...!

金剛力士 さん | Okinawa | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Helen Merrill

A fine singer with a warm, expressive voice, Helen Merrill's infrequent recordings tend to be quite special with plenty of surprises and chance-taking. She started singing in public in 1944 and was with the Reggie Childs Orchestra during 1946-1947. Merrill, who was married for a period to clarinetist Aaron Sachs, had opportunities to sit in with some of the top modernists of the time, including Ch

プロフィール詳細へ

ジャズヴォーカル に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品