CD 輸入盤

Warning

Green Day (グリーン・デイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
K9362480302
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Gary Meek(Saxophone),  Mike Dirnt(Bass),  Mike Dirnt(Vocals),  Tre Cool(Drums),  Tre Cool(Percussion),  Tre Cool(Accordion),  Mike Dirnt(Farfisa Organ),  Jerry Finn(Engineer),  Ken Allardyce(Engineer),  Richard Ash(Engineer),  Billie Joe Armstrong(Composer),  Cheryl Jenets(Production Coordination),  Chris Bilheimer(Art Direction),  Chris Bilheimer(Photography),  David Paul Campbell(String Arrangements),  Green Day(Composer),  Jack Joseph Puig(Mixing),  Marina Chavez(Photography),  Mike Shipley(Mixing),  Rob Cavallo(Executive Producer),  Ted Jensen(Mastering),  Allen Sides(Studio Consultant),  Bill Schneider(Guitar Technician),  Kenny Butler(Drum Technician),  Timmy Chunks(Guitar Technician)

商品説明

アコギとベースによるキンクスばりのリフから始まるグリーン・デイの新作は(M-9はザ・フー?、M-10はペトゥラ・クラーク?)、イッツ・オンリー〜バット〜というアルバムになった。3年ぶりメジャー4作目の今作は新たなるダイメンションを拓いた前作『ニムロッド』以上に勢いに任せず、普遍的な「うた」あるいはどっしりとした曲の重みで勝負してくる。本作中では比較的速めなM-3や7にしても何か踏みしめながら前進していくような安定感を感じさせる曲になっている。これを年食ったなぁ、とか丸くなったなぁ、とかとる向きもあるだろうが、どうなんだろう...。そうしたところもあるだろうし、全くそうでないという気も毛唐ないが、彼らの等身大が映し出されているという点では、彼らは以前も今も変わらないんじゃないだろうか?サウンド・スタイルとしてのパンクにそれほど思い入れのない自分としては(カタルシスを感じさせてくれるものは幾つもあるけどね)、グリーン・デイの常に変わらない等身大の表現はまた苦みを伴ってる分、どうしようもなく無視できないものではある。いかがでしょう?元メロコア派の皆さん...。アルバム最後の方の曲の流れがとても良かった。

収録曲   

  • 01. Warning
  • 02. Blood, Sex And Booze
  • 03. Church On Sunday
  • 04. Fashion Victim
  • 05. Castaway
  • 06. Misery
  • 07. Deadbeat Holiday
  • 08. Hold On
  • 09. Jackass
  • 10. Waiting
  • 11. Minority
  • 12. Macy's Day Parade
  • 13. 86 (Live)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
114
★
★
★
★
☆
 
28
★
★
★
☆
☆
 
8
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
5
★
★
★
★
☆
彼らの中では、このアルバムが一番好きかも...

投稿日:2013/11/04 (月)

彼らの中では、このアルバムが一番好きかも。単純に素晴らしいポップ・ソングが並んでます。

ヒトオミ さん | 鹿児島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
GREEN DAY史上、最も普遍的なロックソング...

投稿日:2010/07/09 (金)

GREEN DAY史上、最も普遍的なロックソングが揃っているのがこれ。とっても前向きでポジティブな力が湧いてくる傑作。

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
1曲目のイントロから、キンクスの”villag...

投稿日:2009/05/30 (土)

1曲目のイントロから、キンクスの”village green”を思わせるサウンド。モロ60年代のブリティッシュロックンロールが鳴り響いています。今のスケールのでかいグリーンデイよりも、3分間に神を宿すようなグリーンデイが大好きです。初めてグリーンデイを聴いてみるというよりは少し慣れてきた頃に手をつけてみると一発KOです。カナリヤバイ

ryo さん | 埼玉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Green Day

グリーン・デイは――こうした言い方が適切かどうかわからないし、パンクというものの定義によっても印象は異なるだろうが――90年代最も成功したパンク・バンドだ。

プロフィール詳細へ

Green Dayに関連する商品情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品