CD 輸入盤

Sound Of 65 / Theres A Bond Between Us

Graham Bond (グラハム ボンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BGOCD500
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1965
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Dick Heckstall-smith(Sax (Tenor)),  Ginger Baker(Drums),  Graham Bond(Sax (Alto)),  Graham Bond(Vocals),  Jack Bruce(Bass),  Jack Bruce(Vocals),  Graham Bond(Organ (Hammond)),  Graham Bond(Mellotron),  Getty(Arranger),  Robert Stigwood(Producer),  Graham Bond Organisation(Arranger),  Don Kirkpatrick(Composer),  Ginger Baker(Cover Design),  Harry Shapiro(Liner Notes),  Keith Knox(Composer),  Preston Foster(Composer),  Ray Charles(Composer),  Graham Bond Organisation(Performer),  Vicki Wickham(Liner Notes)

商品説明

ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーら錚々たるメンバーを擁したグラハム・ボンド・オーガニゼーションは英R&Bシーンの立役者の一人グラハム・ボンドがが63年に結成。当CDは英コロンビアから1965年と66年に発表された1stと2ndのカップリング。ジャズを基調にしたモッドでクールなサウンドは当時のクラブ・シーンで絶大な人気を得た。

収録曲   

  • 01. (I'm Your) Hoochie Coochie Man (03:13)
  • 02. Baby Make Love to Me (01:52)
  • 03. Neighbour, Neighbour (02:40)
  • 04. Early in the Morning (01:50)
  • 05. Spanish Blues (03:05)
  • 06. Oh Baby (02:42)
  • 07. Little Girl (02:15)
  • 08. I Want You (01:45)
  • 09. Wade in the Water (02:41)
  • 10. Got My Mojo Working (03:11)
  • 11. Train Time (02:24)
  • 12. Baby Be Good to Me (02:35)
  • 13. Half a Man (02:06)
  • 14. Tammy (02:49)
  • 15. Who's Afraid of Virginia Woolf? (02:05)
  • 16. Hear Me Calling Your Name (02:37)
  • 17. Night Time Is the Right Time, The (03:01)
  • 18. Walking in the Park (03:30)
  • 19. Last Night (03:00)
  • 20. Baby Can It Be True? (05:04)
  • 21. What'd I Say (04:16)
  • 22. Dick's Instrumental (02:33)
  • 23. Don't Let Go (02:43)
  • 24. Keep A-Drivin' (02:04)
  • 25. Have You Ever Loved a Woman? (04:53)
  • 26. Camels and Elephants (04:41)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
『ラバー・ソウル』が発表された65年。ザ...

投稿日:2006/09/21 (木)

『ラバー・ソウル』が発表された65年。ザッパも一目置いたジャック・ブルースとジンジャー・ベイカー、両者の邂逅はここにあった。ロックとジャズ、R&Bとの融合というテーマはヘクトール=スミスがCOLOSSEUMで先のふたりがCREAMでそれぞれ追求してゆくことになる。CREAMの大胆なインプロヴィゼイションはKING CRIMSONのそれの導火線になっただろう。すべてはここから始まった、というのは少し大げさか。ともあれ、いいものは古びない。

J.B. さん | O.F. | 不明

0
★
★
★
☆
☆
お洒落で冷たく熱いサウンドの見本市。伊達...

投稿日:2006/01/09 (月)

お洒落で冷たく熱いサウンドの見本市。伊達不良のお手本。音質は悪いがハイテンションの伝説的ライヴ盤、黒魔術に脳髄を冒されながらもプログレッシヴなジャズロックを聴かせる後年の諸作ともども廃盤で非常に残念。クラブ系の若者に受けているというブライアン・オーガーといい、このグラハム・ボンドといい、抜群にセンスのいいアーティストにもっと世間は注目すべき。

ジェイムズ・ボンド さん | オーガニック食品 | 不明

0
★
★
★
★
★
まいったなぁ。。georgie fame といい grah...

投稿日:2005/11/07 (月)

まいったなぁ。。georgie fame といい graham bond といい かっこよすぎ! ギターバンドばっかり聴いててオルガンの音の良さに気がつくのに30年もかかっってしまったとは。。。

ま さん | 大阪 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Graham Bond

An important, underappreciated figure of early British R&B, Graham Bond is known in the U.S., if at all, for heading the group that Jack Bruce and Ginger Baker played in before they joined Cream. Originally an alto sax jazz player -- in fact, he was voted Britain's New Jazz Star in 1961 -- he met Bruce and Baker in 1962 after joining Alexis Koerner's Blues Incorporated, the finishing school for nu

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品