CD

Humdrum Star

GoGo Penguin (ゴーゴー・ペンギン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCQ1080
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

2016年にアルバム『マン・メイド・オブジェクト』でブルーノートからメジャーデビューしたマンチェスター発のアコースティック・エレクトロ・トリオ、ゴーゴー・ペンギン。彼らが2018年2月9日に発売するブルーノートからのセカンド・アルバム『ア・ハムドラム・スター』。

本作は、2016年にブルーノート・レーベルよりリリースされた、メジャー・ファースト・アルバム『マン・メイド・オブジェクト』以来、約2年ぶりのニュー・アルバム。アルバム全体を通して、前作『マン・メイド・オブジェクト』に比べ、よりメロディアスで情熱的であり、ダンス・ミュージックの要素が強まった独創的なサウンドに仕上がっている。

新作に関しては既に海外プレスは以下のように絶賛している。

「エネルギーに満ちたサウンド….このニュー・アルバムは聴くとすぐ効いてきて、アップビートなグルーヴが持続する。このジャンルの伝統的な側面全てをピアノ中心に抽出しつつも、新鮮で活気のある現代的な要素をスキャンしてブレンドしている」 - Pitchfork

「ゴーゴー・ペンギンがジャズを演奏しているのかどうかと尋ねることは、現代のポピュラー音楽における冒険感覚的に的外れといえるだろう。彼らは優れた即興音楽を追求する実験主義者なのだ。そしてグルーヴが最も重要である…このトリオはグルーヴがどう作用するかをよく分かっており、格別にうまくグルーヴするのだ」 - Wall Street Journal

ゴーゴー・ペンギンは2014年に発売したファースト・アルバム『V2.0』がイギリスの権威ある音楽賞のマーキュリー・プライズにノミネートされて注目を集めた。その音楽性はジャズ以上のもの、ジャズとエレクトロニックの境界を越えていると形容され、各ジャンルの評論家達からも高い評価を得ながら、同時に常に新しい聴衆を魅了し続けている。

コンスタントに世界中をツアーで廻っている傍ら、大きな音楽フェスにも多数出演。“SXSW”や“Coachella”などでは唯一の「ジャズ」アクトとしての出演を果たし、ニューヨーク・タイムズ紙に“SXSW 2017”のベスト・アクト12の一つとして選出されるほどライヴ・パフォーマンスにも定評がある。日本でも2016年4月の初来日、同年9月のBlue Note Jazz Festival出演、今年9月にはTOKYO JAZZ FESTIVALのメイン・ステージに出演。そして、本作品がリリースになる10日後の2月19日から本作を引さげた来日公演も決定している。(メーカー資料より)

All Compositions by Chris Illingworth, Nick Blacka, Rob Turner

【GOGO PENGUIN バイオグラフィー】
2009年イギリスのマンチェスターで結成された新世代ピアノ・トリオ。地元マンチェスターのクラブを中心にLIVE活動をスタート。
2012年マンチェスターのインディーズ・レーベル、ゴンドワナ・レコーズよりアルバム『FANFARES』をリリース。
同年、ロンドンの著名なDJジャイルス・ピーターソンが人気番組の中でベスト・ジャズアルバムとして紹介し、自身のコンピレーションにも収録され話題となる。オリジナル・メンバーであるピアノのクリス・アイリングワースとドラムスのロブ・ターナーに2013年初旬にニュー・ベーシスト、ニック・ブラッカが加わり現在のメンバーとなリ、2014年に2枚目のアルバム『V2.0』をリリース。イギリス国内で評判が上がる中、2014年度のイギリスで権威のある音楽賞である、マーキュリー・プライズに、ブラーのデーモン・アルバーンのソロ・アルバムなどとともにノミネートされ、世界中から一気に注目を浴びる。
その後、ロンドンのココ、ユニオン・チャペル、バービカンなど多様な会場でのLIVEを行い、南フランスで開催されたジャイルス・ピーターソン主催のワールドワイド・フェスティバル、パリのラ・ヴィレット、ハンブルグのウーバー・ジャズ・フェスティバル、そしてクロアチアのディメンション・フェスティヴァルに出演するなど、熱狂的な観客を前に動員数を確実に増やしてきた。北米進出の際には、カナダ全土すべてのLIVE会場がソールド・アウトとなり、ニューヨーク北部のロチェスター・ジャズ・フェスティバルでは、ダブル・スタンディング・オベーションを受けるなど多くのリスナーに賞賛された。そしてバンドの噂を聞きつけたBlue Noteの社長であるドン・ウォズが即時に『V2.0』を聴いて気に入り、僅か2日後にハンブルグのウーバー・ジャズ・フェスティバルを観に飛び立地、その圧倒的ライヴ・パフォーマンスを目の当たりにしたことをきっかけに、2015年春についにBlue Noteと複数枚契約を結ぶ。2016年1月にBlue Noteより第一弾となる『マン・メイド・オブジェクト』をリリース。
ピアノのクリスはマンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージックでクラシックを学び、ラフマニノフ、ドビュッシー、ショパンなどに影響を受け、それがベースとなり、メロディアスでロマンティックなフレーズを生み出す源になっている。またリズム・パターンや音響的には、テクノ、ドラムンベース、エレクトロニカなどのダンス・ミュージックからも強い影響を受けており、エレクトロニック・ミュージックシーンが浸透しているイギリスならではの「踊れるジャズ」をアコースティック楽器でプレイするバンドスタイルは“アコースティック・エレクトロニカ・トリオ”と世界中で賞賛。
2016年4月に初来日を果たし、9月にもBlue Note Jazz Festivalに出演、多くの観客を魅了。2017年9月ではTOKYO JAZZ FESTIVALのメイン・ステージに出演。そして、2018年2月待望の2ndアルバム『ア・ハムドラム・スター』をリリース。(メーカー資料より)

内容詳細

ブルーノートからのリリース第2弾アルバムとなる本作。エレクトロニック・ミュージックのデジタルな世界観をアコースティック楽器で作り上げていく方法論は前作から引き継ぎながらも、よりリズムのパターンが豊富になり、静と動のダイナミズムが増した印象になった。(宗)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. プレイヤー
  • 02. レイヴン
  • 03. バルドー
  • 04. ア・ハンドレッド・ムーンズ
  • 05. ストリッド
  • 06. トランジェント・ステート
  • 07. リターン・トゥ・テキスト
  • 08. リアクター
  • 09. ウィンドウ
  • 10. ソー・イット・ビギンズ
  • 11. ア・ハンドレッド・ムーンズ - オルタナティヴ・ヴァージョン(ボーナス・トラック)
  • 12. ディス・アワー(ボーナス・トラック)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

GoGo Penguinに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品