CD 輸入盤

Heartbreaker

Free (フリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
842361
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1973
フォーマット
:
CD
クレジット
:

John Bundrick(Keyboards),  John Bundrick(Organ),  John Bundrick(Piano),  John Bundrick(Piano (Electric)),  Paul Kossoff(Guitar),  Paul Rodgers(Guitar (Acoustic)),  Paul Rodgers(Guitar (Electric)),  Paul Rodgers(Piano),  Paul Rodgers(Vocals),  Rebop Kwaku Baah(Percussion),  Simon Kirke(Drums),  Simon Kirke(Percussion),  Snuffy(Guitar),  Tetsu Yamauchi(Bass),  Tetsu Yamauchi(Guitar (Bass)),  Tetsu Yamauchi(Percussion),  Snuffy Walden(Guitar),  John Bundrick(Vocals (Background)),  Rebop Kwaku Baah(Conga),  Simon Kirke(Guitar (Rhythm)),  Simon Kirke(Vocals (Background)),  John Bundrick(Glockenspiel),  Andy Johns(Producer),  Free(Producer),  Paul Rodgers(Producer),  Richard Digby-Smith(Engineer),  Rick Smith(Engineer),  Simon Kirke(Producer),  Tetsu Yamauchi(Producer),  Andy Johns(Remixing),  Bill(Assistant Engineer),  Dick Polak(Cover Design),  Dick Polak(Photography),  Howard(Assistant Engineer),  John Bundrick(Composer),  ジョン・グローヴァー(Cover Design),  Paul Kossoff(Composer),  Paul Rodgers(Composer),  Phil(Assistant Engineer),  Simon Kirke(Composer),  Tetsu Yamauchi(Composer)

商品説明

ポール・ロジャース、サイモン・カークに、山内哲、ラビットを加えて再結成された新生フリーの唯一のアルバム(1973年発表)。メロディを重視ともいえる全体の感触で、後に幾つかカヴァーを生んだ”ウィッシング・ウェル”は代表的なナンバー。

収録曲   

  • 01. Wishing Well (03:40)
  • 02. Come Together In The Morning (04:39)
  • 03. Travellin In Style (04:02)
  • 04. Heartbreaker (06:12)
  • 05. Muddy Water (04:14)
  • 06. Common Mortal Man (04:06)
  • 07. Easy On My Soul (03:44)
  • 08. Seven Angels (05:08)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
16
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
コゾフ・カーク・テツ・ラビットに、ポール...

投稿日:2013/05/10 (金)

コゾフ・カーク・テツ・ラビットに、ポール・ロジャーズが加わった形になったラスト作品。欠けたアンディ・フレイザーはベーシストである上にソング・ライター、アレンジャーでもあったので、残念ながらこれ以前のフリーと同じバンドと考えることは困難です。フリーが、ビートルズやクリームと同様にメンバー入れ替えが不可だったグループであったことを証明する作品です。でも、この作品がこれ以前の作品に劣っているかと言えば、そうではありません。 曲の起承転結がはっきりし、よりエモーショナルになったことが特徴で、その分初めてフリーを聞く人にとっては聞きやすいのではないかと思います。ポール・コゾフの位置はゲスト扱いで数曲録音に参加しておりませんけれど、この距離のとり方が結果としてよかったらしく、印象的な演奏を残しています。彼のギターの音色は立ち上る陽炎のようであり、ちょっと比肩できるギタリストが思い浮かびません。また、山内テツの堅実で粒の立ったベース、ラビットの彩りあるオルガン、ピアノも聞きものです。さらにこの作品を充実したものにしたい気迫は、誰よりもロジャーズから伝わってきます。 ラスト作品であっても、バッド・カンパニーやバック・ストリート・クローラーの結成につながっていったことを考えると非常に重要な分岐点です。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

3
★
★
★
★
★
実質的なラストアルバム。それまで曲作りの...

投稿日:2012/10/16 (火)

実質的なラストアルバム。それまで曲作りの中心メンバーだったアンディ・フレイザーが脱退した後に製作されたため、それまでのフリーとは趣を異にしています。軽快なロックンロールとブルースロックという印象だったのが、一転して、沈痛でドラマティックで切ないサウンドになっています。後にゲイリームーアなど多くのミュージシャンがカバーしたウィッシングウェルや、このアルバムではアディショナル・メンバーに「格下げ」されてしまったポール・コゾフのむせび泣く沈痛なギターが堪能できるカムトゥギャザーインザモーニング。ブルースロックをバラードに昇華させてしまったハートブレイカー。極上のロッカバラードであるマディーウォーターなどなど、哀愁と切なさがたっぷり聞けます。

orionblue さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
昨年、再結成したバドカンを観たのだが改め...

投稿日:2011/10/01 (土)

昨年、再結成したバドカンを観たのだが改めてポール.ロジャースの歌の上手さに酔いしれ彼が生ける伝説である事を体感したのだが本作はFREE時代のラスト作だがFREEの作品の中では地味なイメージがあるのだが個人的には隠れた名作だと思っている。やはりなんと言っても#1のイメージが強烈すぎる作品だが、#4、#5、#7、は心に染みる名曲じゃないかな!当時のメンバーでのライヴが観てみたかったなぁ!是非、多くの人に手にとって欲しいものである。

蒼詩 さん | 三重県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Free

正統派ブリティッシュ・ロック・グループとして人気バンドとなったフリーはわずか5年余りという活動期間ながら、いまなお伝説の存在として語り継がれている。ブルースをベースにした熱狂的なロックという点で、第二のローリング・ストーンズなどとも言われたフリーだが、彼らの場合にはストーンズのネバっこいリズム感覚とは違う、シンプルでタイトな独特の重さを持ったハードなロック・サウンドが身上だった。それは熱を帯びたロ

プロフィール詳細へ

Freeに関連する商品情報

  • FREE オリジナルアルバム LP復刻シリーズ 1969年のデビュー・アルバム、『Tons Of Sobs』より1973年のラスト・アルバム『Heartbreaker』までIslandレーベルの名盤7タイトルを一挙にリリース。 HMV&BOOKS online|2017年9月20日(水)
  • フリー名盤7枚組アナログLPボックス フリーのアルバムを180g重量盤LP7枚組にて収録したDLカード付きボックスセットが登場。オリジナルマスターを採用した最新リマスタリング。単品CDも8タイトル。 HMV&BOOKS online|2016年8月24日(水)
  • 【追悼】アンディ・フレイザー フリーのベーシスト、アンディ・フレイザーが3月16日に亡くなりました。享年62歳。2013年には42年ぶりの来日公演を果たし、ファンを喜ばせてくれました。御冥福をお祈りいたします。 HMV&BOOKS online|2015年3月19日(木)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品