LPレコード 輸入盤

Bleecker & Macdougal

Fred Neil (フレッドニール)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5107
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
クレジット
:

Douglas Hatfield(Bass),  Felix Pappalardi(Bass),  Fred Neil(Guitar),  Fred Neil(Vocals),  Pete Childs(Guitar),  Pete Childs(Guitar (Baritone)),  John Sebastian(Harmonica),  Pete Childs(Dobro),  Gordon Anderson(Executive Producer),  Mort Schuman(Cover Photo),  Mort Schuman(Photography),  William S. Harvey(Cover Design),  William S. Harvey(Design),  Jac Holzman(Production Supervisor),  Paul Rothchild(Recording Director)

商品説明

60’sNYコーヒー・ハウス周辺のフォーク・シーンの中でもユニークな個性で異彩を放っていたフォーキー・SSW、フレッド・ニール。クリエイション・レーベル内の再発専門レーベル、REV−OLAからリリースされたコンピ(好内容!)によって若い世代からティム・ハーディン、ティムバックリーらと共に再評価された事や、映画「真夜中のカウボーイ」主題歌「うわさの男〜エヴリィバディズ・トーキン〜」(シンガーはニルソン)の作者としても有名です。本作は記念すべきデビュー作で、フォークにブルース、R&B、ソウルなどの要素を加味した独特の世界を見せる。音楽的にもリベラルな空気が流れていた、当時のグリニッチ・ヴィレッジ伝説を垣間みれるような好盤です!

収録曲   

  • 01. Bleecker & MacDougal (02:14)
  • 02. Blues on the Ceiling (02:24)
  • 03. Sweet Mama (02:35)
  • 04. Little Bit of Rain (02:23)
  • 05. Country Boy (02:27)
  • 06. Other Side to This Life (02:56)
  • 07. Mississippi Train (02:14)
  • 08. Travelin' Shoes (02:18)
  • 09. Water Is Wide (04:18)
  • 10. Yonder Comes the Blues (01:52)
  • 11. Candy Man (02:29)
  • 12. Handful of Gimme (02:15)
  • 13. Gone Again (03:13)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
歴史的遺産(大袈裟)が失われず、本当に良か...

投稿日:2001/12/15 (土)

歴史的遺産(大袈裟)が失われず、本当に良かった。長い間見なかったな〜。この調子でジャック・エリオット(B.ディランも昔はパシリ)とか、どんどん出して欲しい。日本のレコード会社の人、洋楽リスナー育てて下さい。

ナイス・ミドル さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
音もさることながら、ジャケがイイですねえ...

投稿日:2000/08/01 (火)

音もさることながら、ジャケがイイですねえ。Dylanじゃ、こうは出来ないですね(苦笑)

MASSY さん | Omiya | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Fred Neil

Moody, bluesy, and melodic, Fred Neil was one of the most compelling folk-rockers to emerge from Greenwich Village in the mid-'60s. His albums showcased his extraordinarily low, rich voice on intensely personal and reflective compositions, sounding like a cross between Tim Buckley and Tim Hardin. His influence was subtle but significant; before forming the Lovin' Spoonful, John Sebastian played ha

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品