この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

You Could Have It So Much Better

Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EICP555
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
価格限定盤, 2ボーナストラック
追加情報
:
日本先行発売
日本盤のみボーナストラック収録
期間限定フラッシュ・プライス


PLAYLIST 5 BRITISH ANTHEMS 対象商品

『PLAYLIST』とは今後の活躍が期待されるアーティストを皆様にご紹介するHMVのオリジナル・コンピレーションCDです。ご好評にお応えして第5弾の配布を開始!HMVにて選定した対象商品をご購入いただいたお客様にこの『PLAYLIST 5 BRITISH ANTHEMS』を先着でプレゼント!
対象商品の一覧はこちらをクリック!
収録楽曲などの詳細はこちら!


商品説明

Opting not to fix what broke them, You Could Have Had It So Much Better serves up more of the stylish, angular sound that worked so well on Franz Ferdinand's debut. After years of rehearsing in abandoned Glasgow warehouses and playing in relatively obscure groups like the Yummy Fur, it's perfectly understandable why the band chose not to mess with a good thing -- and why they chose to follow up the breakthrough success of Franz Ferdinand so quickly. But, after a year-and-a-half of near-instant acclaim and constant touring, Franz Ferdinand return with songs that just aren't as consistently good as the album that made them so successful in the first place. A lot of You Could Have Had It So Much Better feels like a super-stylized caricature of the band's sound, with exaggeratedly spiky guitars, brooding crooning, and punky-yet-danceable beats. This isn't an entirely bad thing: The Fallen begins the album with a wicked, gleeful welcome back that embraces the jaunty mischief running through most of Franz Ferdinand's best moments, while I'm Your Villain effortlessly nails the darkly sexy vibe they strived for on Franz Ferdinand. Meanwhile, the famous friends, arty parties, and shocking homoeroticism of Do You Want To -- which feels more like a victory lap than a comeback single -- play like knowing, tongue-in-cheek self-parody. However, too many tracks on You Could Have Had It So Much Better are witty and energetic in the moment but aren't especially memorable. You're the Reason I'm Leaving, What You Meant, This Boy, and the oddly anti-climactic finale, Outsiders, are Franz-lite -- not at all bad, but not as good as even their early B-sides and certainly not up to the level of Take Me Out. What helps save the album from being completely predictable are slower moments like the pretty, jangly Walk Away and atmospheric, piano-driven songs such as Fade Together (which really should've been the final track). Best of all is Eleanor Put Your Boots On, a gorgeous, Beatlesque ballad that suggests that if Franz Ferdinand have songs this good in them, they're selling themselves, and their fans, short with most of the songs here (you could have it so much better, indeed). Not so much a sophomore slump as a rushed follow-up, You Could Have Had It So Much Better probably would've been better if Franz Ferdinand had waited until they had a batch of songs as consistent as their first album, but as it stands, it's still pretty good. [This edition contains bonus tracks.] ~ Heather Phares, All Music Guide

内容詳細

衝撃のデビュー作で、停滞していたロック・シーンを活性化させた救世主フランツ。そんな彼らのセカンド作がこれ! 音はファーストよりもさらにソリッドかつ作り込まれた音に。ファッションも含め今のユース・カルチャーをリードしているのはまさに彼らだ。(結)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
60
★
★
★
★
☆
 
27
★
★
★
☆
☆
 
16
★
★
☆
☆
☆
 
12
★
☆
☆
☆
☆
 
9
★
★
★
★
★
1stよりキャッチーになって、キラーアンセ...

投稿日:2012/10/31 (水)

1stよりキャッチーになって、キラーアンセムが格段に増えた。とりあえず何も考えずヘッドフォンでロックに浸りたい時のファーストチョイスのひとつ。いやぁサマソニの綺麗な虹がかかった中のフランツのライブが楽しすぎた。ポールのドラム・プレイがかわいかった

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
1913年、のちのオーストリア皇帝となるフランツ・フェルデ...

投稿日:2010/05/07 (金)

1913年、のちのオーストリア皇帝となるフランツ・フェルディナンド大公が、狩猟へ出かけた際に純白に輝くアルプスカモシカに遭遇した。大公は現地の案内人の忠告も聞かず、そのカモシカを猟銃で撃ち殺してしまった。 その翌年、セルビア人の青年によりフランツフェル・ディナンド大公は暗殺される事となる。カモシカの時と同じように銃で撃ち殺されたのだ。これが後に言う「サラエボ事件」である(第一次世界大戦の発端)。カモシカの呪いだそうだ(おいおい!カモシカの所為かよ・・・)。 まぁこんな大それた名前を平然と使用できるのも彼らの器量といえるだろう。60年代〜70年代ガレージロックにディスコミュージックのテイストを加えるUKのガレージリヴァイヴァルはここ日本でもかなり流行った。彼らもその洗礼をバッシバシ受けていることがこのアルバム内の楽曲「Do you want to」で分かる。 殆どのアーティストに言える事だが、3rdアルバムって楽曲クオリティが低迷しやすい時期なんだが、フェルディナンドの連中はよくやっていると思う。 ガレージ然としているし、ディスコ然としている。良くも悪くもSolidだな! ポピュラリティの高さには脱帽だ。

魔王3号・改 さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
前作よりも大きくスケールアップし、メジャ...

投稿日:2010/02/20 (土)

前作よりも大きくスケールアップし、メジャー感たっぷり。重厚になった音づくりと、しきりに繰りされる歌メロは、気分を高揚させ煽りまくる。ただ少々くどく、胃もたれ起こす。そこでFKのようなビートルズ調の曲が効いてくる。1stほど聴いてはいないが、非常に良くできたアルバム。

がすたふ孫 さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Franz Ferdinand

Glasgow's art-damaged rock quartet Franz Ferdinand -- named for the Austro-Hungarian Archduke whose murder sparked World War I -- feature bassist Bob Hardy, guitarist Nick McCarthy, drummer Paul Thomson, and singer/guitarist Alex Kapranos. In late 2001, Kapranos and Hardy had begun working on music together when they met McCarthy, a classically trained pianist and double bass player who originally

プロフィール詳細へ

Franz Ferdinandに関連する商品・チケット情報

UK/インディ に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品