CD

Concrete And Gold

Foo Fighters (フー・ファイターズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP5600
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

グラミー11冠、アルバム総セールス3,000万枚を誇るモンスター・ロック・バンド<フー・ファイターズ>。彼らが昨夜、待望のニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』をきたる9月15日(金)に日本を含む世界同時リリースすることを発表した。前々作『ウェイスティング・ライト』では“アナログ・レコーディング”、前作『ソニック・ハイウェイズ』では”アメリカ音楽の歴史を辿る米8都市でのレコーディングとそのドキュメンタリー番組“と、毎回バンドの中心人物である<デイヴ・グロール>の音楽愛に溢れたトピックがそれぞれの作品を貫いてきたが、今回注目すべきトピックとしては、あの<シーア>や<アデル>の大ヒット曲で知られる注目のプロデューサーにして稀代のメロディメイカ―<グレッグ・カ―スティン>と初めてタッグを組んでいるという点であろう。もともとはデイヴがグレッグのバンドユニット<ザ・バード・アンド・ザ・ビー>の熱狂的なファンであったということから数年前に始まった親交に端を発するが、今回のニュー・アルバムの制作にあたり、いつも通りバンドに新たな息吹を吹き込むべく考えを巡らせていたデイヴの頭にふと浮かんだのがグレッグの存在であったという。
「たぶんグレッグにプロデュースして欲しいな、と思ったのは、グレッグはこれまでに一度もへヴィーロック・アルバムのプロデュースをしたことが無かったということと、俺たちも一度もポップ系のプロデューサーと仕事をした事が無かったことからかな、と思う」
と振り返るデイヴはこうつなげている。
「俺はこの作品をフー・ファイターズ史上最もスケール感のあるサウンドにしたかった。グレッグのメロディーセンスとアレンジ力が生きた巨大なロック・アルバムで、<モーターヘッド>が作った『サージェント・ペパーズ』的な作品を作りたかったんだ。」
エンジニアにはベックやレディオヘッドを手掛けるダレル・ソープを起用し、ハリウッドにある老舗スタジオ<イースト・ウエスト・スタジオ>で、デイヴ曰く「俺らのノイズとグレッグの頭脳、洗練されたアレンジ力と作曲能力は極秘に結ばれた」という。こうしてフー・ファイターズ史上、最もラウドで、最も美しい作品が生まれたというわけだ。

また、今回ニュー・アルバムのリリース発表と同時に、フー・ファイターズはバンド史上最大級のリリース・イベント兼フェスティバル<CAL JAM/カル・ジャム>の開催も発表。この秋10月7日(土)に、LA郊外の50,000人以上を収容する巨大なイベント会場で12時間以上に渡り繰り広げられるこの一大フェスティバルには、<フー・ファイターズ>を筆頭に、<リアム・ギャラガ―><クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ><ケイジ・ジ・エレファント><ウルフ・アリス><ロイヤル・ブラッド><ボブ・モールド><ベイブズ・イン・トイランド>他選りすぐりの豪華ロック勢が名を連ねている他、キャンプ場や、バンドに因んだ名前の様々なアトラクションが用意される等、一大テーマ・パーク的なイベントになる模様。気骨のある日本のロックファンはこちらもチェックしてみると良いかもしれない(Caljamfest.com)。
この夏は英最大級の音楽フェス、グラストンベリー・フェスティバルへのヘッドライナー出演、サマーソニック2017ヘッドライナーとしての来日も控え、新作リリースの報と共に益々注目度が上がりつつあるフー・ファイターズ。7月26日にはベスト盤を含む彼らの過去名盤全9タイトルが期間限定特別価格でリリースされることも決定しているが、どの作品においても、“ロック”にとことん拘りつつ、常に自らのロックを更新し続ける彼らに、更なる注目が集まっている。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

アメリカのモンスター・ロック・バンド、フー・ファイターズの9thアルバム。シーアやアデルを手がけたグレッグ・カースティンをプロデューサーに迎え、バンド史上最もラウドで、最も美しい作品に仕上げた。シングル曲「ラン」などを収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Foo Fighters

When Foo Fighters released a debut album written and recorded entirely by leader Dave Grohl -- at that point known only as the powerhouse drummer for Nirvana -- in the summer of 1995, few would have guessed that the group would wind up as the one band to survive the '90s alt-rock explosion unscathed. Other bands burned brighter but flamed out, breaking up after scoring a hit or two, while the Foos

プロフィール詳細へ

Foo Fightersに関連する商品・チケット情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品