CD 輸入盤

The Magic Flute Of James Galway

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GD60918
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rca
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Solomon: Arrival of the Queen of Sheba/Arrivee de la Reine de Saba (02:49)
  • 02. Vocalise, Op. 34, No. 14 (04:15)
  • 03. Petit Negre (01:46)
  • 04. Sonata No. 4: Allegro (01:57)
  • 05. Serenade/Standchen (03:53)
  • 06. Scherzo/Ein Sommernachtstraum/Sogno from Childhood/Scenes d'Enfantant (04:16)
  • 07. Traumerei/Reverie/Sogno/Scenes from Childhood/Scenes d'Enfants/Scene (03:22)
  • 08. Masquerade: Waltz/Mascarade: Valse (03:36)
  • 09. Tambourin (01:22)
  • 10. Variations on a Theme by Rossini/Cariationen Uber Ein Thema Von Rossi (04:57)
  • 11. Fritz Kreisler (01:48)
  • 12. Petit Berger (02:27)
  • 13. Humoresque/Humoreske (03:27)
  • 14. Carnival of Venice (06:33)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 ヘンデルとバッハを除けば楽しめるCD。...

投稿日:2010/08/06 (金)

 ヘンデルとバッハを除けば楽しめるCD。両者でこれほど中身のない演奏をする奏者も今時珍しい。この人に形而上学的思考を望むのはそもそも無駄ということだろう。他の曲ではそれに対してどれもレガートとムラのない音,有り余る技巧でピッタリという感じである。ゴセックやブリッチャルディなどの曲ではこのような曲芸的な演奏でなければ栄えないのだから。ラフマニノフの「ヴォカリーズ」は遙か以前にNHKのFMで放送された江守徹の朗読番組「夜の停車駅」のテーマにアンナ・モッフォと並んで使われたので懐かしさ一杯である。また,浅田真央が使用したことで有名になった「仮面舞踏会」の「ワルツ」も収められている。このようなCDでは難しいことを言わずにバック・グラウンド・ミュージックとして聴くのが一番である。ただ,コンピレーション・ディスクのつねであるが,フルートが中央に来るはずの曲でもかなり位置があやしいものがあり,いかにもやっつけ仕事でやりましたという感じがするのが惜しい。録音自体の質はそう悪くはない。

ムーミン・パパ さん | 岩手県 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品