CD

『ロマンス』 ノヴォトニー、ボウシュコヴァー

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00059
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ロマンス
ノヴォトニー、ボウシュコヴァー

壮麗! ノヴォトニー&ボウシュコヴァー。天才たちの典雅なデュオ!

ロマン・ノヴォトニーはチェコ・フィルの若きホープ、そしてアフラートゥス・クインテットのリーダーとしても活躍し、今やヨーロッパを代表するフルート奏者として知られています。このアルバムは、国際的ハーピスト、ヤナ・ボウシュコヴァーとの初のデュオ作品となります。フルートとハープ、この2つの楽器が醸し出すハーモニーの心地よさは格別で、彼ら2人の若い感性、卓越した技術、献身的な音楽性を窺い知ることができます。選曲もクラシックのよく知られた小品ばかりを集め、親しみやすい1枚となっています。(エクストン)

【収録情報】
・イギリス民謡:グリーンスリーヴス変奏曲
・サン=スーンス:ロマンス 作品37
・J.S.バッハ:シチリアーノ
・J.S.バッハ:アダージョ
・モーツァルト:アンダンテ K.315
・ビゼー:「カルメン」〜第3幕間奏曲
・ドヴォルザーク:ユモレスク
・グルック:精霊の踊り
・ラヴェル:ハバネラ形式の小品
・イベール:間奏曲
・ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
・フォーレ:子守歌 作品16
・ドビュッシー:小船にて
・フォーレ:シチリアーノ
・ドビュッシー:月の光
・マスネ:タイスの瞑想曲
 ロマン・ノヴォトニー(フルート)
 ヤナ・ボウシュコヴァー(ハープ)

 録音時期:2001年6月3日、10月2-4日
 録音場所:プラハ、「芸術家の家」ドヴォルザーク・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

内容詳細

どこかで見たことのあるハンサム君と思ったら、スーパー木管五重奏アフラートゥスのリーダーでチェコ・フィルの首席フルートだった。手垢のついた名曲たちに、真っ向からストレートにアプローチして高感度大。ハープもきれい。でももう一歩の踏み込みを望む。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド