この商品に関連するタグ

CD

ギムギムの森

FOX LOCO PHANTOM

基本情報

カタログNo
:
KNCA11003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

彼らのサウンドには耳に残るキャッチーさがあり、ガレージパンクをベースにしながらも「和」テイストのアレンジがスパイスとして効いていて楽曲にアクセントを与えています。さらにディスコ、ニューレイブにプログレのエッセンスがさりげなく散りばめられていて、中毒性の高いロックサウンドを実現。

内容詳細

オルタナ、メロコア、エモを思わせる激しくメランコリックなサウンドに乗せ、狐狸妖怪や昭和風俗などが登場する独特の和風ワードを駆使して青春の懊悩と妄想を歌う。演奏技量は相当に高く、時にプログレッシヴな展開も見せつつ異様な存在感を放つ、2007年結成の5人組によるファースト・フル・アルバム。(ミ)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2007年の結成以来、本能の赴くまま、走り続...

投稿日:2009/11/10 (火)

2007年の結成以来、本能の赴くまま、走り続けてきたFOX LOCO PHANTOMが満を持して放つ1stフル・アルバム。 ダンサブルでありながら、琴線を揺らす和の調べ。 コミカルでありながら、痛烈に突き刺さる言の葉。 もともと持ち合わせていた独特な美意識と遊び心が、削り落とされ、研ぎ澄まされ、ひとつの生き物となりアンプから飛び出してくるような約50分の妖狐劇場。 さらに、後半の「月光哀歌」と「世界の詩」には今までに無いほど明確なメッセージが込められており、色気と毒気だけではない、強い意志も感じさせる。 なによりすばらしいのが、さまざまな顔がありながら、そのどれもがFOX LOCO PHANTOMであると確信できる“芯”があること。 ロックが“らしさ”を失いつつある現代において、声を出してロックと呼べる快作である。

skull89 さん | 不明 | 不明

0

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品