FLOWER TRAVELLIN' BAND

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

CD

エニウェア

FLOWER TRAVELLIN' BAND

基本情報

カタログNo
:
UPCY6343
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Hideki Ishima(Guitar),  Joe Yamanaka(Vocals),  Joji "George" Wada(Drums),  Jun Kowzuki(Bass),  Jun Kowzuki(Guitar),  Yuya Uchida(Percussion),  Yuya Uchida(Vocals),  Joe Yamanaka(Harmonica),  Norio Yoshizawa(Engineer),  Yuya Uchida(Producer),  Kishin Shinoyama(Photography),  Makoto Saito(Photography)

商品説明

日本のロック、プログレッシブの象徴的一枚。コロンビアからのファーストを遥かに凌駕する出来。とにかく裸になることが重要なんです。ジョー、石間、上月、この三人のプレイがとにかく強烈。石間ヒデキのラガー奏法で昇天必至。メンバー:石間ヒデキ(G)上月潤(B・G)和田丈二(Dr)ジョー(Vo / HARMONICA) オリジナルリリース:1970年

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
大昔オリジナルLPを大枚はたいて買ったが、...

投稿日:2012/03/05 (月)

大昔オリジナルLPを大枚はたいて買ったが、観念的で実につまらないアルバムだった。Hq Vinylとのことで音質に期待したが、どうもCD落としのようで音は良くない。 内容はただインプロビゼーションをダラダラ決めればニューロック、みたいな感じが8割を占める。アニマルズとサバスとクリムゾンを一緒にするセンスも理解不能。このメンバーならもっとすごい物が作れたはずなのに、フライドエッグ同様の、単なる洋楽コンピに終わっている。

頭脳戦艦ガル彦 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
最初の曲のanywhereが全てを表している。「...

投稿日:2009/03/14 (土)

最初の曲のanywhereが全てを表している。「どこいこうかな」ってかんじ。石間のギター個性をもっと出せばよいのに。21世紀〜ははっきり言っていらない。歴史を語る一枚。

pennidle さん | 北設楽郡設楽町 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
この頃の日本のROCKってこのバンドに限...

投稿日:2008/12/26 (金)

この頃の日本のROCKってこのバンドに限らずコンセプトが分からなかったんですよね。だからブルースありハード・ロックありプログレありで、何でもアリです。 彼らの場合、この中からどの方向に行こうか?・・・で、「SATORI」が生まれたって感じですね。 確かに「ごった煮」ではありますが彼らのまだ定まっていない方向性の時期のサウンドというところでは興味深い。 FTBの全てのアルバムを持つ私としてはコレクションに入れておくべき一枚です。

can140 さん | 兵庫県 | 不明

0

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品