Enrico Pieranunzi / Charlie Haden / Paul Motian

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Special Encounter

Enrico Pieranunzi / Charlie Haden / Paul Motian (エンリーコ・ピエラヌンツィ/チャーリー・ヘイデン/ポール・モチアン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CJGG001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ, リマスター,輸入盤

商品説明

<>
★ 2003 年3 月、同レーベルの記念碑的作品『フェリーニ・ジャズ』と同時期に録音されたエンリコ・ピエラヌンツィのトリオ作品。
★ピエラヌンツィとチャーリー・ヘイデン、またピエラヌンツィとポール・モチアンはそれぞれ数作の録音があるものの、この3 人が揃ったのは、非常に貴重な機会で、文字通り、<< 特別な出会い>> の記録といえます。
★それだけに、本作では、楽曲も、メンバーや、制作者の気持ちが反映されているのが特長です。
☆チャーリー・ヘイデンの提案により、3 曲のスタンダードを収録していますが、オープニングの は、ピエラ
ヌンツィがまだティーンエイジャーだった時にチャーリー・パーカーのこの曲の演奏に出会って以来、好きになったというナンバー。M10 は、ヘイデンが選び、エンリコ・ピエラヌンツィにこの曲の新たな魅力を開眼させたというナンバー。一方M2 は、CAM JAZZ の社長であるフランチェスカ・キャンピの提案によるものなのだとか。
☆エンリコ・ピエラヌンツィは5 曲の楽曲を提供していますが、M6.8.11 はこの録音の為に書き下ろしたナンバー。もちろん、作曲には、この2 人の演奏や人柄を思い浮かべたもので特別なものがあります。
☆チャーリー・ヘイデンのナンバーは3曲(M4.7.9)ですが、どれもピエラヌンツィのお気に入りの、愛奏曲。既に『Silence』,『 FirstSong』でも録音していることもあり、思いの深さもにじみます。
★エンリコ・ピエラヌンツィと言えば、美しく詩的な演奏で知られるアーティストで、本作はその中でも、ひときわバラード的な色彩が強い演奏集。ミディアム・テンポが中心で、ゆったりしたムードが続き、変化の小さいアルバムではありますが、それだけに、抒情にひたれる作品といえましょう。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. My Old Flame
  • 02. You've Changed
  • 03. Earlier Sea
  • 04. Nightfall
  • 05. Secret Nights
  • 06. Loveward
  • 07. Waltz For Ruth
  • 08. Miradas
  • 09. Hello My Lovely
  • 10. Why Did I Choose...
  • 11. Mo-ti

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
大物三人による重量級トリオのバラード集。...

投稿日:2005/03/10 (木)

大物三人による重量級トリオのバラード集。ひたすらに美しい旋律とリリシズム溢れる演奏は、ワーナー時代のエヴァンス・トリオを彷彿とさせます。あざといと思いながらも、つい何度も聴いてしまう一枚。

nardis さん | 東京 | 不明

1

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品