CD 輸入盤

Intimate Ella

Ella Fitzgerald (エラ・フィッツジェラルド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
839838
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1960
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Ella Fitzgerald(Vocals),  Paul Smith(Piano),  Norman Granz(Producer),  Gert VanHoeyen(Mastering),  Imme Schade VanWestrum(Liner Notes),  Cees Schrama

商品説明

This is a most unusual Ella Fitzgerald recording, reissued on CD by Verve. Recorded around the time when she performed some of these songs for the film Let No Man Write My Epitaph, the masterful singer is heard in duets with pianist Paul Smith interpreting 13 songs (even I Cried for You, I Can't Give You Anything but Love and Who's Sorry Now) at slow expressive tempoes. Listeners who feel that Ella Fitzgerald was mostly a scat singer who had trouble giving the proper emotional intensity to lyrics will be surprised by this sensitive and often-haunting set. ~ Scott Yanow, All Music Guide

収録曲   

  • 01. Black Coffee (03:27)
  • 02. Angel Eyes (03:27)
  • 03. I Cried for You (03:26)
  • 04. I Can't Give You Anything But Love (03:28)
  • 05. Then You've Never Been Blue (03:10)
  • 06. I Hadn't Anyone Till You (02:49)
  • 07. My Melancholy Baby (02:57)
  • 08. Misty (02:51)
  • 09. September Song (03:40)
  • 10. One for My Baby (And One More for the Road) (04:17)
  • 11. Who's Sorry Now? (03:26)
  • 12. I'm Getting Sentimental over You (02:36)
  • 13. Reach for Tomorrow (02:24)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ピアノとボーカルのみでとても癒されます。...

投稿日:2011/05/02 (月)

ピアノとボーカルのみでとても癒されます。深夜に照明を暗くして、 洋酒でも飲みながら聴きたくなるような曲ばかりで、ジャズバラード好き には是非お薦めします。

ジャズおやじ さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ella Fitzgerald

 エラ・フィッツジェラルドの声の魅力は、張りのある高音とスキャットになったときに、搾り出すように歌う独特のグルーヴ感、そして、何よりステージでの清々しいまでの爽やかさである。どこか隣のお店のオバチャンが歌う、そんな安心感と、歌い始めたときの素晴らしくスピードに乗ったスイング感は御三家随一だ。若くしてビッグバンドの女性リーダーとして責任を持ったエラは、どこか安定感では一番だった。ヴォーカル御三家の中

プロフィール詳細へ

Ella Fitzgeraldに関連する商品情報

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品