この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Me And My Piano

Einar Iversen (エイナーイヴェルセン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PJRCD102
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Norway
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Einar Iversen(p)Tor Hauge(b) Jon Christensen(ds)
Recorded in Oslo On 9. & 10. March 1967
original release NorDisc LPS 17, second release Odin LP 09

1930年7月27日マンダル生まれでオスロに育ったアイナー・イヴェルセン。40年代末からジャズを演奏するようになる。船員として過ごした後、軍隊で過ごし50年代初めからジャズミュージシャンとして活動を始めた。Rowland Greenbergのバンドで1953年初レコーディングを経験。数年間をノルウェイで過ごした、Anthony Ortega(1954)、MJQ(1955)、Bjane Nerem(1956)と大物ジャズメンたちと共演、地元の人気投票ではトップを占め続けた。57年から60年までAge Kjelstrup dance orchestraに属しながら、Mikkel Flagstad Quartet 及び自己のトリオで活動を続け、ノルウェイにおける名声を確立、地元の名歌手Karin Krogや在欧中のLucky Thompson (1957)とも共演した。1959年にオープンした「Metropol Jazz Center」では、Dexter Gordon (1962) Coleman Hawkins (1963) Johnny Griffin (1964)ら在欧中のジャイアンツたちと共演を果たすも、基本的には劇場付きの指揮・伴奏者として過ごし、訪れる多くのミュ-ジシャンと共演、1965年にはStuff Smithと演奏、その後、1967年にノルウェイ発のジャズ12インチLPといわれる本作『Me and My Piano』を録音する。その後はTV,ラジオを中心としてオーケストラの仕事をこなし、70年代には『The Sting』(1974)Bjarne Nerem Quartet(1976)、Laila Dalseth (1978)と録音を残している。80年代には病魔に襲われるも回復、『Jazz pa Norsk』 (1990) 『Who Can I Turn to』(Gemini 1991)を残し、その後には、60年から94年までの演奏を集めた『Portrait of a Norwegian Jazz Artist』(Gemini 2001) を発表した。

収録曲   

  • 01. Spiralal
  • 02. Here's that rainy day
  • 03. Blue Daniel
  • 04. It could happen to you
  • 05. The girl from Ipanema
  • 06. Daahoud
  • 07. Social call
  • 08. Sugar (b & dr out)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Einar Iversen

1930年7月27日マンダル生まれでオスロに育ったアイナー・イヴェルセン。40年代末からジャズを演奏するようになる。船員として過ごした後、軍隊で過ごし50年代初めからジャズミュージシャンとして活動を始めた。Rowland Greenbergのバンドで1953年初レコーディングを経験。数年間をノルウェイで過ごした、Anthony Ortega(1954)、MJQ(1955)、Bjane Nerem(

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド