LPレコード 輸入盤

Noite Que Brincou De Lua (アナログレコード)

Edu Passeto / Gui Tavares

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FORDIS01
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

「街角クラブ」に代表されるミナス音楽、ヴェロカイがプロデュースしたフォーキー・サイケ諸作、さらにはMPBコーラスの系譜を継ぐ、美しすぎるインディー・ブラジリアン・ソフトロックの名盤!エドゥ・パッセート&ギ・タヴァレスが残した1981年の名盤がLPで世界初復刻!

サンパウロ生まれのSSWエドゥ・パッセート。主に80年代にサンパウロやリオのナイトクラブで活動をはじめ、本作のもう一人の主役であるギ・タヴァレスとデュオを形成。2008年に惜しくもなくなるまで、地元であるサンパウロを中心に地道な音楽活動を続けミュージシャン・レベルで親しみ愛された知る人ぞ知るSSWである。相棒であったギ・タヴァレスは1986年にはリオに移住したものの、互いの友情は続き、エドゥがなくなるまで親友だったのだとか。現在ギはロンドンに住み、彼自身の合唱団「Cantar Vocal Ensemble」「Nossa Voz」の指揮、ブラジルの音楽ワークショップを学校で行うクリエイティブ・ブラジルと協力して、数多くのブラジル音楽プロジェクトで活動しているほか、2004年には自身名義作『AMIGOS & FRIENDS』といった作品も残している。

そんな二人が1981年にリリースした本作『NOITE QUE BRINCOU DE LUA 』は、当時ひっそりとインディー・レーベルからリリースされたため、これまであまり多くの人に知られることがなかった。しかしその内容はミルトン・ナシメント、ロー・ボルジェス、フラヴィオ・ヴェントゥリーニといった「街角クラブ」を象徴とするミナス音楽の名盤、そしてボカ・リヴリやMPB4といった連綿と受け継がれる男性ブラジリアン・ヴォーカル・グループの名盤たち、さらにはアルトゥール・ヴェロカイがプロデュースしたブラジリアン・フォーク・サイケ諸作に負けじ劣らずの内容を誇る、まさに一世一代の名盤なのである。

今回FAROUTレーベルがギ・タヴァレス本人から直接ライセンス、オリジナルのマスターテープからリマスターし180g重量盤ヴァイナルにてプレスしたとのこと。
(メーカー・インフォメーションより)

※限定盤のためご注文をキャンセルさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

収録曲   

  • 01. Noite Que Brincou De Lua
  • 02. Sabia Na Palmeira
  • 03. Seguir
  • 04. Fogo Grande
  • 05. Heroi De Jornal
  • 06. Menino De Pindorama
  • 07. Canto Livre
  • 08. Descobrir
  • 09. Baca Sara
  • 10. Profome
  • 11. Vento Me Traz

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ブラジル に関連する商品情報

おすすめの商品