この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Nite Lites

Don Friedman (ドン・フリードマン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FSRCD5056
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Spain
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

50年代に颯爽とデビュー。チェット・ベイカーなどのバンドで腕を磨き、60年代に入ると名盤『サークル・ワルツ』を発表。友人であったというビル・エヴァンスに通じるリリシズムでトップ・ピアニストの座を不動のものにしたのがドン・フリードマンです。エヴァンスは若くして亡くなってしまいましたが、フリードマンはますます元気。80歳になろうかという現在も、そのプレイは意欲的です。このアルバムは彼にとって近来の最高作といえるもので、ハーヴィー・S(ハーヴィー・シュワルツ)のベースとの息もぴったりです。(jazzyellより)

Don Friedman (p)
Harvey S (b)
Klemens Marktl (ds)
Recorded at Tedesco Studios, Paramus, N.J., on April 10, 2015

収録曲   

  • 01. 5-5-14
  • 02. All or Nothing at All
  • 03. Nite Lites
  • 04. Un-ravel-ed
  • 05. Daahoud
  • 06. Chopinesque
  • 07. Spring Can Really Hang You Up the Most
  • 08. Turn Out the Stars
  • 09. Requiem

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Don Friedman

An excellent if underrated pianist, Don Friedman started off playing on the West Coast in 1956 with Dexter Gordon, Shorty Rogers, Buddy Collette, Buddy DeFranco (1956-1957), Chet Baker, and even the unknown altoist Ornette Coleman. After moving to New York in 1958, Friedman played in many settings, including with his own trio, Pepper Adams, Booker Little (recording with him in 1961), the Jimmy Giu

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品