CD 輸入盤

Home

Delaney & Bonnie (デラニー・アンド・ボニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDSXE29
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1969
フォーマット
:
CD

商品説明

サザン・ロックの代名詞ともなる白人夫婦デュオが69年にスタックスから発表した記念すべきデビューアルバム。ブッカーT&The MGズをはじめ、スタックスが全面バックアップした不朽の名作だ。エリック・クラプトンがほれ込み、本作直後に活動を共にしたのは有名な話だ。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
スタックス・レーベルからのファースト・シ...

投稿日:2011/08/09 (火)

スタックス・レーベルからのファースト・シングルEは白人デュオだと云うことがばれるまで黒人専用ラジオ局で頻繁にオンエアされたと云われるほどどっぷりと南部音楽してます。後のスワンプ系ミュージシャンを中心としたバッキングを得た盤も良いですが、スタックスのハウスバンドであったMG’Sとの組み合わせも全く違和感の無い素晴らしい出来。ジャケも渋くて◎。

oklahomatoad さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
一旦はお蔵入りになったが、その後のブレイクで...

投稿日:2009/09/13 (日)

一旦はお蔵入りになったが、その後のブレイクで陽の目を見ることになり再発を繰返している、デラニー&ボニー名義でのデビュー作。バッキングと楽曲の両面でスタックスの手厚いサポートの下に制作された。が、あえて言うなら、スタックスサウンドは彼らにはタフ過ぎて、このデュオ独特の息の長いダイナミクスを殺してしまっている。また、レコード会社のお抱えスタッフが曲作りからバッキングまで面倒をみるというメソッドが時代遅れなものになりつつあった事も否めない。音楽的バックボーンだけを見ればスタックス向きのキャラクターのようでも、デラニー&ボニーの感性は次世代のそれであって、それ以前の音楽に比べてセンシティブな一面を旧い体制の下では活かすことができなかった。収録曲はホーンをフィーチュアしたミディアムテンポのパワフルながらも明るくとっつきやすいナンバーが主体。ボニーがリードを取るM10では、押さえ気味に始まり徐々に盛り上がるという、誰もが思いつくが誰でもできるわけではない、後々まで彼女の十八番となるドラマチックなスタイルを披露し、非凡さの片鱗を見せる。

QUACK! さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Delaney & Bonnie

アメリカ南部を拠点とし、ブルース、ゴスペル、R&Bの要素を取り入れたロック・ミュージ ック=サザン・ロック(スワンプ・ロック)の大ブームが巻き起こったのが‘69〜70年代 。このブームの火付役になったのが白人でありながら最もソウルフルなデュエット、“デラニ ー&ボニー”。  デラニー・・・・

プロフィール詳細へ

Delaney & Bonnieに関連する商品情報

おすすめの商品