CD 輸入盤

Classic Trio Vol.2

David Hazeltine (デヴィッドヘイゼルタイン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1019
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2001
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

David Hazeltine(Piano),  Louis Hayes(Drums),  Peter Washington(Bass),  Peter Washington(String Bass),  Marc Edelman(Producer),  Michael Marciano(Engineer),  Elliott Federman(Mastering),  Frank Schramm(Photography),  Ira Gitler(Liner Notes),  Judy Lamirand(Design),  Maria Mendez Grever(Composer),  Stanley Adams(Composer)

商品説明

御馴染みのレギュラー・トリオ(ルイス・ヘイズがドラム)によるヘイゼルタインのシャープナイン・レーベルへのピアノ・トリオ・アルバム。好調振りをキープするコノートリオが奏でるスタンダード・バラードが美しい。

収録曲   

  • 01. Face to Face (06:20)
  • 02. What the World Needs Now (06:47)
  • 03. From Here to There (09:05)
  • 04. Days of Wine and Roses (07:37)
  • 05. Too Sweet to Bear (06:46)
  • 06. Bewitched, Bothered and Bewildered (05:56)
  • 07. Prelude to a Kiss (06:32)
  • 08. Pete's Sake (04:30)
  • 09. What a Diff'rence a Day Makes (06:12)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

David Hazeltine

Jazz pianist David Hazeltine was born and raised in Milwaukee, making his professional debut at age 13 and going on to gig extensively in Chicago and Minneapolis as well. Serving as the house pianist at the Milwaukee Jazz Gallery, he backed luminaries including Eddie Harris, Sonny Stitt and Chet Baker, the latter encouraging Hazeltine to further pursue his career by relocating to New York City; ar

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品