CD 輸入盤

Very Best Of

Curtis Mayfield (カーティス・メイフィールド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CURTIS1
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
グレイテストヒッツ,輸入盤

商品説明

An explosive collection of Curtis Mayfield's solo sides that's bottom-heavy with Superfly songs, but also includes Right On For Darkness, Get Down, the soothing floater You're So Good to Me, and two blasts from his solo debut: Don't Worry (If There's a Hell Below) and Move On Up. ~ Andrew Hamilton, Rovi

収録曲   

  • 01. Move on Up
  • 02. Get Down
  • 03. Give It Up
  • 04. Little Child Runnin' Wild
  • 05. Pusherman
  • 06. Freddie's Dead
  • 07. Give Me Your Love
  • 08. Eddie You Should Know Better
  • 09. No Thing on Me (Cocaine Song)
  • 10. Superfly
  • 11. People Get Ready
  • 12. Right on for the Darkness
  • 13. (Don't Worry) If There's a Hell Below, We're All Going to Go
  • 14. You're So Good to Me

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
最近ではR&Bというと、保守的で退屈な音楽...

投稿日:2000/03/17 (金)

最近ではR&Bというと、保守的で退屈な音楽の代名詞みたいになっちゃったけど、ソウルとスタイルが欠けてるからなんだろうなぁ。彼の音楽には2つとも当然揃ってます。

まく さん | 東京 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Curtis Mayfield

Marvin Gaye、Stevie Wonder、Danny Hathawayと並び、70年代ニュー・ソウルを代表するアーティスト。 シカゴの代表的ソウル・グループImpressionsを経て、「Curtis」でソロ・デビュー。その後、黒人社会の矛盾点を鋭く切り裂いたブラック・ムーヴィー「Superfly」のサントラ、ベトナム帰還兵の問題を淡々と描く「Back To The World」など重

プロフィール詳細へ

ソウル/ファンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品