CD 輸入盤

Live-montreux '77

Count Basie (カウント・ベイシー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1863772
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1977
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Al Grey(Trombone),  Bill Hughes(Trombone),  Bobby Mitchell(Trumpet),  Bobby Plater(Sax (Alto)),  Bobby Plater(Saxophone),  Butch Miles(Drums),  Charlie Fowlkes(Sax (Baritone)),  Charlie Fowlkes(Saxophone),  Count Basie(Piano),  Danny Turner(Sax (Alto)),  Danny Turner(Saxophone),  Dennis Wilson(Trombone),  Eric Dixon(Sax (Tenor)),  Eric Dixon(Saxophone),  Freddie Green(Guitar),  Freddie Green(Saxophone),  Jimmy Forrest(Sax (Tenor)),  Jimmy Forrest(Saxophone),  John Duke(Bass),  Lin Biviano(Trumpet),  Mel Wanzo(Trombone),  Sonny Cohn(Trumpet),  Waymon Reed(Trumpet),  Norman Granz(Producer),  Count Basie(Composer),  Count Basie Big Band(Performer),  Dizzy Gillespie(Composer),  Frank Paparelli(Composer),  Giuseppe Pino(Photography),  Jon Hendricks(Composer),  Mercer Ellington(Composer),  Norman Granz(Cover Design),  Norman Granz(Liner Notes),  Phil Carroll(Art Direction),  Phil Carroll(Design),  Phil DeLancie(Mastering),  Tamaki Beck(Mastering),  Ted Persons(Composer),  Val Valentin(Remixing),  Norman Granz(Layout Design),  Norman Granz(Original Recording Producer)

商品説明

ソニー・コーン、エリック・ディクソン、ジミー・フォレスト、アル・グレイといった一線級のメンバーを引き連れてモントルーに乗り込んだベイシーの気合が聞こえてくる70年代の一つのピークを示した演奏。

収録曲   

  • 01. Heat's On, The
  • 02. Freckle Face (06:18)
  • 03. Splanky (04:33)
  • 04. More I See You, The (06:59)
  • 05. Night in Tunisia, A (04:30)
  • 06. Hittin' 12 (03:56)
  • 07. Bag of Dreams (04:31)
  • 08. Things Ain't What They Used to Be
  • 09. I Need to Be Bee'd With You
  • 10. Li'l Darlin'
  • 11. Jumpin' at the Woodside
  • 12. One O'Clock Jump

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「バッグ・オブ・ドリームス」でのジミー・...

投稿日:2002/09/19 (木)

「バッグ・オブ・ドリームス」でのジミー・フォレストの感動的なソロ。この一曲だけでもう満腹、何度聴いても胸に迫ります。映像で見るとさらに良いでしょう。

なわとび さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Count Basie

ウイリアム“カウント”ベイシーは、1904年8月21日ニュージャージー州に生まれた。母からピアノを習い、長じてからはボードビルの一座のピアニスト兼俳優として舞台に立っていた。ある日、二日酔いの頭で聴いたウォルター・ペイジのバンドの音にすっかりノックアウトされたベイシーはこのバンドのメンバーと知り合いになった。ホット・リップス・ペイジもその一人だった。次に彼ら“ブルー・デヴィルズ”(ペイジのバンド名

プロフィール詳細へ

トラディショナルスウィング に関連する商品情報

  • 発見!グレン・ミラーがヒップです! CD+DVDで甦る、生誕100年を迎えるジャズ・ジャイアンツたちを讃えた「The Centennial Collection」!いや、ほんとにかっこいいです! HMV&BOOKS online|2005年1月16日(日)

おすすめの商品