CD

『能x現代音楽』 青木涼子(能謡)、斎藤和志、山根孝司、竹島悟史

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALCD98
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

青木涼子/能×現代音楽

ドイツ、フランス、イタリア、アメリカなど各国の文化機関より招聘を受け、2013年にはマドリード王立劇場でのオペラ出演も果たすなど、世界的な活躍が目覚ましい稀代の能謡、青木涼子が、現代音楽の鬼才たちとのコラボーレションにより全く新しい「能」の姿を浮かび上がらせる。
 三島由紀夫の自決に題材をとったエトヴェシュの「Harakiri」(バス・クラリネット版)をはじめ収録曲全曲が世界初録音。(ALM Records)

【収録情報】
・フェデリコ・ガルデッラ:風の声
・クレール=メラニー・シニュベール:謡とクラリネットのためのエチュード−経正の足跡をたどって
・ヴァレリオ・サニカンドロ:3つの能の歌
・オレリアン・デュモン:山伏の祈り
・ペーテル・エトヴェシュ:Harakiri

 青木涼子(能謡)
 斎藤和志(バス・フルート、アルト・フルート、ピッコロ)
 山根孝司(クラリネット、バス・クラリネット)
 竹島悟史(打楽器)

 録音時期:2013年11月7-9日
 録音場所:埼玉県、秩父ミューズパーク音楽堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【青木涼子(能謡)】
東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業(観世流シテ方専攻)。同大学院音楽研究科修士課程修了。これまでに、湯浅譲二、一柳慧、ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫など世界の主要な現代音楽作曲家と共同で新たな「能」の世界を生み出す試みを実践している。今までにドイツのZKM、ベルリンAsia-Pacific Weeksフェスティバル、ベルリン高等研究所、ベルリン自由大学、ボン大学、フランスのパリ国立高等音楽学院、イタリアのローマ日本文化会館、ヴィラ・メディチ、東京国際舞台芸術フェスティバル、神奈川県芸術文化財団主催アートコンプレックス、京都国際舞台芸術祭、武生国際音楽祭に招待され、パフォーマンスを行った。2010年ニューヨークのクセナキス・フェスティバルに招待され、ニューヨーク・タイムズ紙上でも好評を得る。2011年にはドイツ、ミュンヘンにてミュンヘン室内管弦楽団と共演、地元紙でも絶賛される。2012年に地元大分にてアルディッティ弦楽四重奏団と共演を果たす。2013年マドリッド、テアトロ・レアル王立劇場にジェラール・モルティエのキャスティングのもと、ヴォルフガング・リーム作曲オペラ『メキシコの征服』(ピエール・オーディ演出)のマリンチェ役でのデビューし、各紙で絶賛された。2010年より世界の作曲家に委嘱するシリーズNoh×Contemporary Musicを主催している。(ALM Records)

【斎藤和志(ピッコロ、アルト・フルート、バス・フルート)】
福島県郡山市出身。東京藝術大学附属高校を経て同大学器楽科卒業、同大学院修了。2001年第5回神戸国際フルートコンクール第4位、第70回日本音楽コンクール第1位及び加藤賞、E・ナカミチ賞受賞。1999年第4回びわ湖国際フルートコンクール第1位。これまでに、パウル・マイゼン、金昌国、佐久間由美子、中川昌巳、中野富雄、三上明子、山崎成美の各氏に師事。現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、「NOZZLES」「The Flute Quartet」メンバー。現代音楽演奏グループ「東京シンフォニエッタ」副代表。1999年の第68回日本音楽コンクールでは作曲部門本選における演奏に対し審査員特別賞を受賞した。2006年度アリオン音楽財団奨励賞受賞。東京藝術大学、国立音楽大学、洗足音楽大学で後進の指導にもあたっている。(ALM Records)

【山根孝司(クラリネット、バスクラリネット)】
国立音楽大学、ベルギー王立アントワープ音楽院およびリエージュ音楽院で学ぶ。ブリュッセルのアンサンブル・イクトゥスのクラリネット奏者を経て、現在はNHK交響楽団クラリネット奏者、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、秋吉台現代音楽セミナー各講師。(ALM Records)

【竹島悟史(打楽器)】
神奈川県出身。東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。在学中、第13回日本管打楽器コンクール打楽器部門第2位受賞。クラシック音楽界の打楽器奏者として常に第一線で活躍しながら、ピアニスト、作編曲家としての活動も精力的に行っている。それぞれの音楽活動に真摯な姿勢を示し、沸々とした体温のある音の数々は多くの人の心を潤し続け、大きな信頼を受ける気鋭の“音楽家”である。現在、NHK交響楽団打楽器奏者。洗足学園音楽大学講師。Percussion Unit “UNZARI”、室内オーケストラ「ARCUS」、なぎさブラスゾリステンのメンバー。ソリストとして、これまでにNHK交響楽団や東京フィルハーモニー交響楽団などと協演。2006年より、リサイタルシリーズ「竹島悟史 Sound garden」を始動。(ALM Records)

内容詳細

現代音楽作曲家とのコラボを積極的に行なっている青木涼子のデビュー盤。欧州の気鋭の作曲家たちが“謡”というユニークな声の芸術に触発されて、 声と器楽との関係性を見つめ直し、新たな可能性を模索する刺激的な作品集だ。73年初演のエトヴェシュ「Harakiri」を含め、すべて世界初録音。(直)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品