Connie Francis
新商品あり

Connie Francis (コニー フランシス) プロフィール

Connie Francis | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

コニー・フランシスConnie Francis、1938年12月12日 - )は、アメリカ・ニュージャージー州ニューアーク出身の歌手・女優。イタリア系。本名Concetta Rosa Maria Franconero(コンチェッタ・ローサ・マリア=フランコネロ)。

経歴

11歳の頃からショーに出演し、1955年に「Freddy」で歌手デビューしたが、しばらくヒット曲は出なかった。

1958年にリリースされた「Who's Sorry Now?」が大ヒットしてからは、1960年代前半にかけてヒット曲を連発。1961年には「Together」がヒットし、『ビルボード』誌のアダルト・コンテンポラリーのシングルチャートで女性として初めて1位を獲得した。

1974年11月8日、ウエストベリー音楽フェアに合わせてニューヨーク市内でホテルに滞在中、突如客室内に不法侵入した黒人の男から強姦被害を受ける(犯人は未だに逮捕されていない)。その後、安全性を確保しなかったとして、彼女はモーテルチェーン側を提訴し、その結果、約300万ドルを支払うよう判断が示された。この一件で大きな精神的ショックを受けた彼女は、その後結婚をしなかった。

世界各国でヒット曲がカバーされており、日本では弘田三枝子や中尾ミエなどがカバーしヒットしたことで知られる。

民族舞踊を意識する「Misirlou(ミザルー)」を歌っている(歌詞がある)。のちに「パルプフィクション」や「TAXi」シリーズで有名なディック・デイルのギターによる曲調ができる(こちらは詞はない)。

代表曲

ヴァケイション(Vacation)
1962年7月発売。ビルボード最高9位。ステレオ録音。同年に青山ミチ、伊東ゆかり、金井克子、弘田三枝子、安村昌子らによる競作でカバー。弘田三枝子盤が20万枚、青山ミチ盤が3万枚のヒットとなる。2002年、映画『ナースのお仕…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%