CD 輸入盤

On The Beach

Chris Rea (クリスレア)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2292.42375
組み枚数
:
1
レーベル
:
Wea
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Adrian Rea(Drums),  Chris Rea(Guitar),  Chris Rea(Keyboards),  Chris Rea(Piano),  Chris Rea(Synthesizer),  Chris Rea(Vocals),  Dave Mattacks(Drums),  Eoghan O'Neill(Bass),  Kevin Leach(Keyboards),  Martin Ditcham(Percussion),  Max Middleton(Keyboards),  Max Middleton(Piano),  Max Middleton(Synthesizer),  Robert Ahwai(Guitar),  Robert Ahwry(Guitar),  Chris Rea(Slide Guitar),  Max Middleton(Fender Rhodes),  Chris Rea(Fretless Bass),  Chris Rea(Producer),  Stuart Ealses(Engineer),  Adrian Rea,  Chris Rea

商品説明

クリス・レアの人気作の中でも筆頭に挙げられるだろう本作『オン・ザ・ビーチ』は通算8作目の作品(1986年発表)。日本での人気を定着させた一枚ともいえる。そのビター・ヴォイスやアーシーな曲も演る、というイメージからか、爽やかな感覚とともにシブめな印象があるクリス・レアだが、意外とメロディ・メイカーとしても魅力的。

収録曲   

  • 01. On The Beach (05:04)
  • 02. Little Blonde Plaits (04:17)
  • 03. Giverny (05:39)
  • 04. Lucky Day (03:57)
  • 05. Just Passing Through (05:20)
  • 06. It's All Gone (07:28)
  • 07. Hello Friend (04:19)
  • 08. Two Roads (03:44)
  • 09. Light of Hope (04:34)
  • 10. Auf Immer und Ewig (04:11)
  • 11. Freeway (04:12)
  • 12. Bless Them Al (02:30)
  • 13. Crack That Mould (04:34)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
彼のアルバムでは間違いなく最高傑作の1つ...

投稿日:2007/06/26 (火)

彼のアルバムでは間違いなく最高傑作の1つでしょう。近年の彼の音楽はブルースに回帰して音的にも全体的に暗い感じがしてますが、この頃の曲は陽射しを感じさせる明るい曲調で、まさにドライブミュージックといったアルバムに仕上がってます。ポップな曲から泣きのスライドギター入りバラードまで、最後まで飽きさせない曲構成といい、パーフェクトなアルバムです。是非彼女を乗せてドライブに行く時は、この1枚を連れて行ってください。

hiro さん | TOKYO | 不明

0
★
★
★
★
☆
仙台では突き刺すような陽射しの中でも,吹...

投稿日:2006/08/16 (水)

仙台では突き刺すような陽射しの中でも,吹く風にはもう秋の訪れを感じるようになりました。昼間,大きく聳え立っていた入道雲も,夕暮時にはオレンジ色と灰色に染まり天蓋は燃え立つ紅色です。確実に夏は去ろうとしています。こんな時期です。CD棚からクリス・レアのon the beachを引っ張り出してくるのは。

joe さん | 仙台 | 不明

0
★
★
★
★
★
15年ぐらい前の夏に初めて聞いて、それ以来...

投稿日:2003/07/28 (月)

15年ぐらい前の夏に初めて聞いて、それ以来夏の夕暮れ時のドライブは「オン・ザ・ビーチ」ばかり聞いてます。波の音から始まるイントロ、あの渋い声…最高ゥ

ミヤビ さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chris Rea

British singer and guitarist Chris Rea enjoyed a run of popularity in Europe during the late '80s and early '90s after almost a decade of recording. Rea started out performing with a local group called Magdalene, taking David Coverdale's place; the band won a national talent contest in 1975 as the Beautiful Losers, but still failed to get a record contract. Rea left the band and recorded the album

プロフィール詳細へ

Chris Reaに関連する商品情報

  • クリス・レアの新作『Road Songs For Lovers』 孤高のシンガー・ソングライター、クリス・レア。自らの旅や移動といったロード生活への想いを綴った最新作『ROAD SONGS FOR LOVERS』リリース。 HMV&BOOKS online|2017年9月5日(火)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品